こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風接近中

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ…
(宮沢賢治「雨ニモマケズ」より一部抜粋)


大学で国文学を専攻していた私。
あの頃何ともなしに読んでいた宮沢賢治の詩が、
これほど身に沁みるようになるとは…。


只今大型の台風17号が接近中。
でも、ついさっきまでハウスで仕事してました。

ビニールハウスの中にいると、まるで太鼓の中みたいな感じで、
雨風の音がめちゃくちゃ響くんですよ。
でもこういう仕事していると、待ったがきかない作業もたくさんあって、
「ドドド~~~」っていう音にビビりながらも必死で作業。
そんなとき、いつも「雨ニモマケズ」が頭に浮かびます。


今までで一番怖かったのは、今年4月に“ひょう”がたくさん降ったとき。
旦那とふたりでハウスで作業してたんですが、
雲行きがあやしくなったなと思ったら、いきなりものすごい轟音が!!!
旦那と数十センチの至近距離にいて最大級の大声出しても
相手の声が聞こえないくらいの爆音と、
暴風でハウスの鉄骨が恐ろしく揺れるありさまに、
人生で初めて「もしかしたら死ぬかも」なんて思ったほど。
でも、自分の身の危険よりも、真っ先に頭をよぎるのは、
いちごたちのことなんですよね。


よく台風や大雨のときに、農業の方が田んぼや畑を見に行って、
命を落とされたというニュースを見聞きすることがあります。
前は「何もこんなときにわざわざ行かなくても…」と思ってましたが、
自分たちが農業に就いてみて初めてその気持ちがわかるようになりました。

言うまでもなく命は大事ですが、
大切に育てている作物たちも同じくらい大事。
もちろん命あってこそなので、十分に気をつけないといけないんですけどね。


台風はこれから明日にかけて日本列島を北上するようですが、
どこの農家さんにも大きな被害が出ないように祈るばかりです。

ますます風が強くなってきました。
何事もなく、無事に過ぎ去ってくれますように…。



◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


スポンサーサイト
テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

スタッフ紹介

こはる農園スタッフその1  こはる農園スタッフその2
 

私たち夫婦以外にも、こはる農園には大切なスタッフ(=家族)がいます。
その面々をご紹介しておきますね。
(オーナー夫婦の紹介は前回の記事をご参照くださいませ)


【お母さん】

嫁の母。
数年前に定年退職し、第二の人生をのんびり過ごそうと思ってた矢先に
娘夫婦が農園を始め、有無を言わさず手伝わされる羽目になる。

マイペースなうえに天然ボケ炸裂で色々やらかしてくれるので、
しょっちゅう娘や婿から怒られている。
でもちっともめげずに頑張ってお手伝いしてくれるパワフルお母ちゃん。

もっとも大事な役割は、こはる農園のまかない担当。
私たちが元気にお仕事できるのも、母の作ってくれるごはんのおかげ。
ありがたや~。


【おばあちゃん】

嫁の父の母。(ちなみにうちの父は7年前に他界)

野菜作りの腕はプロ並みで、御歳89歳にして、
毎日バリバリ畑仕事に精を出している。
それどころか、苗の定植やいちごのパック詰めなど、
農園が忙しいときには率先してお手伝いしてくれる、
うちの看板おばあちゃん。

実は昔から自分の畑でいちごの露地栽培をしていて、
農園ができてからは旦那にいろいろ教えてもらいながら、
対抗心を燃やして熱心に研究に励む、向上心のかたまりのような人。


【おじいちゃん】

嫁の父の父。90歳。
うちの農園はおじいちゃん名義の田んぼを借りて作ったので、
実はこはる農園の最重要人物と言っても過言ではない。
でも、足が悪いため農園のお仕事にはほとんど関われず、
二匹の猫とお留守番の日々。


【お義父さん&お義母さん】

旦那の両親。
息子が突如農家になったことを誰よりも驚いているのがこの二人。
心配のあまり、繁忙期にはたびたび大阪から滋賀にやってきて、
農園のお仕事を手伝ってくれる心強い存在。
お父さんなんて、70代でまだ現役でお仕事に行ってるので、
金曜に仕事終わった足で駆けつけて、日曜の夜に帰るという、
1週間まるまる休みナシの過酷な状況もしばしば!
それでも「レジャー感覚で楽しいよ♪」などと言って、
疲れも見せず頑張ってくれて、頭が下がるばかりです。


以上が『こはる農園オールスターズ』
こんな家族で、わいわいと楽しくいちご作ってます。
本当に家族の支えなしでは、何もできないとつくづく感じる今日この頃。
この場を借りて、あらためて感謝!!

この一家のドタバタ騒動記はまた追々。



◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 



テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

プロフィール

農園の日々の様子を綴る前に、私たち夫婦のプロフィールを少し。


【旦那】

大阪生まれの大阪育ち。いわゆる都会っ子(だった)。

大学卒業後に勤めていた会社で現在の嫁と出会い、結婚。
嫁の実家のある滋賀に初めて来たとき、一面にひろがる黄金色の麦畑を目にして
その美しい風景に感動し、田舎暮らしに憧れるようになる。

嫁が跡取り娘だったこともあり、2000年に嫁の実家の隣に居を構え、
都会の生活から一転、のんびりした滋賀での生活がスタート。

移住後に転職して、しばらくはサラリーマンを続けていたが、
40歳を目前にして、自分で事業を興してみたいと考えるようになり、
突然脱サラし、農業で生きていくことを決意。
2010年に滋賀県立農業大学校に入学。
社会人を対象とした就農科で一年間野菜の栽培や農業経営について勉強し、
卒業と同時にいちご専業の農園「こはる農園」を立ち上げた。

典型的なアウトドア派で、趣味はスキーと釣り。
でも最近は農園にかかりっきりでちっとも休みがなく、
趣味にさける時間もほとんどないのが寂しい限り。


【嫁(=私)】

生まれも育ちも滋賀の田舎っ娘。

就職して初めて滋賀を離れ、大阪の大都会で一人暮らしをしていたときに
同じ会社のスキー同好会で知り合った現在の旦那に見初められ結婚。
結婚して3年ほどは大阪で社宅暮らしをしていたが、
都会の生活にもすっかり慣れてきたと思ったころ、
跡取り娘の責任を果たすため、夫婦で滋賀に帰ることとなり、
ふたたび田舎での暮らしに舞い戻る。

実家の敷地内で暮らし、お気楽な主婦として毎日を送る自分とは正反対に、
サラリーマン生活に疲弊し、ストレスを抱えまくる旦那を見かねて、
「嫌なこと我慢してるより、自分の好きなことやってみたら」と
ポロっと言ってしまったのがすべてのはじまり。
しかも、偶然知った農業大学校の体験入学を面白半分で勧め、
それがきっかけで旦那が農業という道を選ぶことになったのだから、
自分で自分の首を絞めたとしか言いようがない。

小さい頃から外に出たり運動するのが大の苦手で、
家に籠ってちまちまと手芸をしたり、絵を描くのが大好き。
それがいきなり体力勝負の農業だなんて!!
今までと180度違う生活に戸惑い、体力のなさに嘆きながらも、
自業自得とあきらめて、体にムチ打って頑張る毎日。

農業を始めるまでは、ビーズアクセサリー作家として活動していた経歴もあり。
今ではそちらにつぎ込む時間が全然とれず、ネットショップも大幅縮小しているが、
早く農園が軌道に乗って、自分の出る幕がなくなったら華麗に復活しようと目論見中。




結婚して15年。
まさかこんな人生を送ることになるとは夢にも思わなかったけど、
あのままサラリーマン生活(&サラリーマンの奥さん)を続けていたら、
きっと知りえなかったであろう世界をいろいろと体験できて、
今は毎日がとても新鮮です。

正直言って農業ってものすごく大変だし、辛いことの連続だけど、
それも含めて人生の彩りだと思って、何事も楽しむのが私たちのモットー。

農業を始めるときに「ちょっと面白そう」って思ったその直感を信じて、
夫婦で力を合わせて、前向きにひたむきに頑張っていきたいと思っています。



◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

ブログはじめました

koharu01

はじめまして。
びわ湖のほとり滋賀県草津市で、いちごの生産・直売をしている
「こはる農園」と申します。
現在85m×7.5mのビニールハウス2棟で約8400株のいちごを、
主に夫婦二人で育てています。


農園を始めたのは一年前、2011年の春。
はじめてのシーズンは、とにかく一日一日を乗り切ることが精一杯で、
ブログなんて書く余裕はどこにもなかったんですが、
二年目を迎えてようやく、日々の農園の様子や私たちの暮らしぶりなどを
記録かたがた綴ってみようかなという気になり、
このブログを始める運びとなりました。

農業のことに関しては、脱サラして一年間農業大学校で
勉強してきた夫のほうが専門なんですが、
何せ筆不精なのと忙しいのとで全くあてにならないので、
農業ど素人である嫁の私がブログ担当に就任することに。

こはる農園により親しみを持ってもらえるよう、
農業をより身近に感じてもらえるよう、
ど素人ならではの視点でお伝えできればと思っています。


12月から始まる収穫に向けて、今週からいよいよ苗の定植が始まり、
本格的ないちごのシーズンに突入です。
いちごの成長とともに、こはる農園のてんやわんやの毎日が
繰り広げられて行くことと思います。

笑いあり涙ありのいちご屋さんの愉快な日々をのぞき見する気分で、
どうぞのんびりとお付き合いくださいませ。



◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。