こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご対面

過日のブログで、アライグマの足跡らしきものが…というお話をしました。
(記事はこちら 2013年7月3日「珍客?」 )

その後も足跡が頻繁に見られるようになり、
そして先日、育苗をしているハウスの中に何者かが侵入して、
プランターの土を掘り返したり、苗のポットがひっくり返されているのを発見。

たいした被害ではありませんが、今後さらにエスカレートして、
被害が大きくなったらたまったもんじゃないということで、
市のほうに相談して、捕獲器を設置することになりました。

IMG_2363.jpg

ちなみに、ばらまいてあるエサは、なんとキャラメルコーン!
甘くて油っこいものが大好きなアライグマ捕獲には、これがテキメンなんだとか。


そして捕獲器を設置すること2日。
私が朝一人で先に農園に行って目にしたものは…

1307282.jpg


こんなにあっけなく捕まるとは思ってなかったので、超びっくり!
しかも2匹も!!
急いで旦那に連絡して、二人でてんやわんやの大騒ぎ。

アライグマは凶暴と聞いていたので、かなり身構えていたのですが、
意外にも目の前にいる2匹はおとなしくて、よくみると何ともかわいい。
まぁでも、オリの下にひいてあったビニール袋をビリビリに破って、
中まで引きずり込んでいる様子を見れば、夜の間に相当暴れてたみたいで、
すっかり疲れ果てていたのかもしれません。

DSC_7643.jpg


どうも2匹は親子のようで、
私たちが近づくと、母アライグマが自分の陰に子どもを隠すようにして、
けなげに守っているのが切なくて…
もう捕まっちゃったんだから、守るも何もしょうがないのに

こんなふうに眺めていると、どんどん情が移ってきそうで、
その後はなるべく目を合わさないように、見ないふりをして過ごしました。
彼らのこの後の運命を思うと、害獣とはいえ、かわいそうな気がして…。


昨今あちこちで問題視されているアライグマは、
もともとペットとして飼われていたものが、
人間の身勝手で捨てられて野生化したものとされています。
ラスカルのアニメにつられて興味半分で飼ったはいいけど、
手に負えなくて野に放ってしまう、そんな人間のせいで悪者にされて、
アライグマだって、ある意味で被害者なんじゃないでしょうか。

そんなアライグマたちに同情したい気持ちはやまやまなれど、
私たちもプロの農家として、ここはひとつ心を鬼にして、
人間との共存のルールを示さなければなりません。
同業の方の中には、いちごを食い荒らされる被害に遭った方もおられるとか。
そうなってからアライグマを憎むなんてことは、何としても避けたいですからね。

ただ、アライグマ騒動はどうもこれで終わりではないようです。
捕獲器のおいてあった周りには、今までにないほどの無数の足跡が。

1307281.jpg

アライグマは普通3~6匹の子どもがいるとされています。
もしかして、お母さんが捕まって取り乱した子どもたちの足跡なんでしょうか。
もしくは他の仲間たちが助けにきたとか?
(野生動物にそれはないと思いますが。)
いずれにせよ、まだまだたくさんのアライグマがいそうだということは、
想像に難くありません。

これからも続くであろうアライグマとの闘いを考えると、
どんよりした気持ちになってしまうこはる農園なのでした。




◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


スポンサーサイト
テーマ: こんなことがありました | ジャンル: ブログ

早起きは三文の得

DSC_7627.jpg


こはる農園のすぐ近く、琵琶湖の南東に位置する烏丸半島で、蓮の花が見ごろを迎えています。
入り江のようになっている半島の東側に、約13ヘクタールにもおよぶ蓮の群生地があるのです。
こんな規模の蓮の群生は、日本でも最大級なんだとか。




写真見ていただいたら、湖面が蓮の葉っぱで覆い尽くされているのがわかるかと思います。
昔はここまでの大きさではなくて、年々大きくなっていっているような気が。
無数の蓮の花がいっせいに咲き誇る様子は、本当に壮観です。


DSC_7633.jpg


ちなみに、桜の時期に同じ場所を撮った写真がこちら。
110412.jpg

そう、季節を過ぎると、蓮の影も形もなくなってしまうのです。
ほんのわずか、枯れた茎が湖面に顏を出しているんですが、
その幾何学的なオブジェのような光景も、また一興なんですよ。
(今度機会があったら写真撮ってみます^^)


DSC_7635.jpg

それにしても、この蓮の群生を見ようと訪れる人の多いこと!
蓮の花は午前中にしか咲かないので、きれいな花を見ようと思ったら早朝が狙い目なのですが、
朝早くからもうこんなにたくさんの人が。
隣接の水生植物公園みずの森も、8/18まで早朝7時開館となっているんですよ。


そうそう、こんなイベントもやってます。
熱気球フライト体験 

DSC_7621.jpg

ロープで係留された気球に乗って、20~30メートル上空まで上がることができます。
こちらは早朝5:50から9:00までのイベントなので、もっと早起きが必要ですが
ふわりと浮かぶ気球の上から眺める琵琶湖や蓮の群生も、また格別なんだろうなぁ。

乗っている時間は5分ほどなので、「物足りない」といった声も聞きますが、
前にこの気球に乗ったというお友だちは、めったにない貴重な体験ができてよかった!と言ってたので、
子どもたちの夏休みの思い出づくりなんかには、うってつけなのかもしれませんね。

気球フライト体験は8/4まで、蓮の見ごろも8月中旬くらいまでです。
いつ行くの?今ですよ~~~

DSC_7637.jpg





◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 滋賀県情報 | ジャンル: 地域情報

桃!桃!桃!

暑さにぐったりとしながら仕事をしているところに、
妹からうれしい差し入れが

DSC_7618.jpg

エスヴェールさんの「桃フェア」でgetしてきたという桃づくしのケーキいろいろ
私も桃フェアに行きたいなと思っていたところへ、さすが以心伝心の妹!

桃フェアでは、ショーケース内が桃のケーキだらけで目移りしたそうで。
そんな中から選んできてくれた、エスヴェールさんの大人気商品「まるごとピーチ」に、
新作の「桃のパニエ」&「桃とライチのブラマンジェ」。

まるごとピーチは前に行った時には売り切れで、今シーズンまだ一度も食べれてなかったから、
念願のケーキにめちゃめちゃテンション上がりました

おいしいものは明日への活力
明日もお仕事がんばろ~


◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: みんなに紹介したいこと | ジャンル: ブログ

天空の花畑

今日のブログはおでかけネタです

このところ、お仕事の様子よりもオフの紹介のほうに気合が入ってんじゃないか?なんて、
疑念を持たれている方がおれれるような気もしなくはないのですが、
お仕事も頑張って、お休みの日は思いっきり遊んじゃう、それがこはる農園のポリシー!!

というか、一年のうちでゆっくりお休みをとれる期間というのが限られているので、
時間を惜しむかのように、アクティブに動き回っているのです。
自分たちが楽しむのみならず、みなさんにも素敵な場所をお知らせしたい!
…なぁんて自己満足で書いてたりしますが、
お時間の許すかぎりお付き合いくださいね。



さて、今日の行き先は「びわこ箱館山ゆり園」。
以前新旭のしょうぶ園に行ったときに、パンフレットと割引券をもらっていて、
機会があったら行ってみたいと思っていた場所です。

DSC_7617.jpg

ゆり園のある山頂までは、ゴンドラに乗って約8分。
ここは冬はスキー場になっていて、もう10年近く前にお友だち家族とスキーに来たなぁなんて
思い出にふけっているうちに山頂駅に到着。


DSC_7575.jpg 

この日はあいにくのくもり空で、写真では空と湖の境目がわかりにくいのですが、
眼下に雄大なびわ湖が広がる、とても気持ちのいいロケーションです。


DSC_7596.jpg 


DSC_7606.jpg 

こんな感じで、ゆりのお花畑の中に散策路が作られていて、
右を見ても左を見てもゆりだらけ!


DSC_7583.jpg

園内には、250万輪ものゆりの花が咲き誇っています。


DSC_7594.jpg

これでもかと言わんばかりの、ど迫力のゆり。
今年のゆりは蕾が多く、密度が濃いんだとか。


DSC_7573.jpg 

リフトもあるのですが、私たちは乗らずに自力で散策!


DSC_7600.jpg 

こんな乗り物が走ってたり、お子さんが楽しめるキッズパークもあります。



DSC_7579.jpg 

いろんな種類のゆりの競演に、目移りするばかり。


DSC_7593.jpg 




この日はけっこう蒸し暑い日でしたが、山の上はとても気持ちのよい風が吹き抜けていて、
ここ最近ついぞ耳にしなかった「涼し~い」という言葉が何度口をついて出たことか。
ほんと、「極楽」ってこんなんかなと思うような見事なお花畑でした


8月上旬くらいまでが一番の見ごろのようです。
いつ行くの?今でしょ!!
(いっぺん言ってみたかったんですもう古いですかね)

冗談抜きで、本当におすすめのスポットです。
避暑がてらぜひ行ってみてくださいね



DSC_7589.jpg






◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 滋賀県情報 | ジャンル: 地域情報

暑サニ負ケズ

ようこそ こはる農園嫁ブログへ

相変わらずの暑い毎日、みなさまいかがお過ごしですか?
私、先日熱中症になりかけました
気温がさほど高くなかったので、これ幸いとばかりに、
日中旦那とふたりで、スコップで土を掘る作業をしたのですが、
しばらくすると、頭がぐわんぐわんしてきて、なんだか胸がムカムカ…

これはヤバいっと思って、すぐに休憩して、スポーツドリンクで塩分補給したら、
なんとか元に戻ったのでホッとしましたが。
今までにちょっとクラっと目まいがする程度は何度か経験があるものの、
ムカムカ吐き気がするのは初めて。

熱中症って気温が高い時になるというイメージが強かったのですが、
調べてみたら、湿度も大きな要因になるようですね。
湿度が高いと汗が蒸発しないので、熱がこもってしまって体温が上がるんだとか。
いつもほど暑くないし大丈夫と思ってたらエライ目に遭いました。
ほんと、油断大敵ですね。
みなさまもくれぐれもお気をつけくださいね。


さて、人間はこんなふうに暑さでグダグダですが、
いちごのほうは暑さに負けず、元気に育ってくれています。

IMG_2350.jpg

どんどんランナーも出てきているので、受けるポットの用意が大変!

先日ご紹介した「スピードポッター」での土詰めに追われています

DSC_7561.jpg

余談ですが、旦那の肌の色が土と変わらないほど真っ黒(笑)


IMG_2351.jpg

今のところ大きな問題もなく育ってくれていますが、
これから先、病気や害虫など致命的なトラブルが起きないかと
冷や冷やしながら、苗作りに勤しむ毎日です。




◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

夏祭り

この週末、久々に旦那の実家(大阪)に帰省しました。
目的は旦那が大好きな杭全(くまた)神社の夏祭りを見に行くため。

「だんじり」といえば岸和田が有名ですが、平野区にある杭全神社のお祭りも、
大阪市内では最大規模のだんじり祭りで、それはそれは賑やかです。

祭のクライマックスである13日の「宮入り」は今までに何度も見ているので、
今年は初めて12日の晩に行われる「九町合同曳行」を見てきました。




通行止めとなった大通りに、9台のだんじりが一堂に会する様子は圧巻。


DSC_7518.jpg

DSC_7538.jpg

DSC_7530.jpg


それにしても、ものすごい人出…
元来人混みが苦手な私は、もみくちゃになりながら、
はぐれないよう、くっついていくのが精いっぱい。

片や旦那ときたら、水を得た魚のようにいきいきと人混みをすり抜けて、
写真を撮ったり、お囃子にのったり、とっても楽しそう。


小さい頃、平野区に住んでいた旦那。
自宅のあった場所があと一筋違っていたらだんじりに乗れたのに…
という思いがあってかどうかは知りませんが、とにかくこの祭への思い入れは強いみたいで。
これを見ないと夏じゃないと言わんばかりの勢いに、
「だんじり」とか「祭囃子」というキーワードをDNAに持たない私は、いつも圧倒されてます。

でも何万人もの人がひとつのことに熱くなれるっていうのは、やっぱりいいですよね。
お祭りに参加してるやんちゃそうな若者たちもこの日だけは、
一年に一度の自己表現の機会なのか、ほんとに生き生きしてるし。
こういう高揚感の中に身を置くのも、とても新鮮な刺激です。

旦那と私、ちょっとスタンスは違えども、それぞれに楽しい夏祭りのひとときでした。




◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: ブログ | ジャンル: ブログ

魔法のポッター

ほんとにほんとに暑い毎日が続きますね

連日「熱中症で病院に搬送」なんてニュースを耳にするたび、
明日は我が身か…なんて思いながらお仕事をしているわけなんですが、
もう、こう暑いとハウスに行くこと自体ためらってしまうような状態で


で、今年から自宅のガレージに作業スペースを作り、できる作業はこっちですることに。
昨日からは、子苗を受けるためのポリポットの土詰め作業をしています。

先月植えた親株から、ぼちぼちランナーがたくさん出てきて、
それを挿すためのポットを用意しないといけないのです。

↓こんなやつ。
13426.jpg


初めてのシーズンは、旦那とふたりで地道に1個ずつ土を詰めていってたのですが、
大量に作らないといけないもんで、やたらと時間がかかり辟易してました。

そこで、昨シーズンからは秘密兵器を導入

それがこちらの「スピードポッター」




先日ご同業の方から使い勝手についてお尋ねがあったので、
ちょっと詳細なご説明をしてみたいと思います。


DSC_7480.jpg

まず、格子状の枠に一個ずつポリポットをセットしていきます。
うちが使っている7.5センチ用の枠の場合、一度に198個セットできます。
(ポットの大きさによりセット数が異なります。)


DSC_7482.jpg

ポットを並べられたら、その上にポットの大きさに合わせた穴があいた板をセットします。


DSC_7487.jpg

そこにどさっと土を投入します。


DSC_7489.jpg

下までしっかり土が詰まるよう、手で土を押し込んでいきます。


DSC_7490.jpg

余分な土を右端の切れ目からかき出して、表面をならします。


DSC_7491.jpg

上に乗せていた板と外枠を外すと…


DSC_7492.jpg

こんな感じで、198個いっぺんに土が詰められました


なんと便利
これのおかげで、たいぶ時間短縮できるようになりました。


でもこの苗受け用のポット、夏の間に1万個くらい作らないといけないんですよね。
まだまだ道のりは遠いです…

魔法のポッターも心強い味方ですが、呪文ひとつであっという間に
1万個できちゃったりしたらいいのになぁ




◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

蔵出しいちご酒

DSC_7412.jpg


いちごのシーズンの終わりに、ふと思い立って漬けてみたいちご酒。
ようやく出来上がり、ついに蔵出しの日がやってきました

待ちに待った初めの一杯は、キンキンに冷やしたソーダ割りで





おいし~~~


残念なことに、いちご酒を思いついたのがシーズン最終盤だったために、
いちごの収穫量が全然なくて、少ししか漬けられなかったんですよね
こんなくらいの量じゃすぐになくなっちゃう…
来シーズンはもっとたくさん仕込まなくちゃ!



DSC_7464.jpg


上の写真は、いちご酒につけてあったいちごの実なんですが、
色も水分も抜けてしまって、あんまりおいしくなさそう

捨ててしまえと書いているレシピもあったんですが、
この実でおいしいジャムができるというレシピを見つけたので、
半信半疑でお鍋に入れて煮てみました。
( 参考にしたのはこちらのレシピ →  クックパッド )


DSC_7465.jpg


すると…あら不思議!!
お砂糖とレモンを入れてグツグツすると、どんどん赤い色が復活してくるのです。
赤い色素はお酒のほうに移ってしまってるんじゃないの?
なんで色が戻ってくるんだろう??
疑問は解決しないままですが、とりあえず出来上がり~


DSC_7471.jpg


ちょっと元々の水分量が少ないこともあって、ジャムというよりはコンポートって感じ。
お酒の風味もけっこう残ってるので、とっても大人味です。
こんな美味しく変身できるのに、捨てるなんてとんでもないですよね。

これをクラッカーにのせたのをおつまみに、いちご酒をちびりちびり…
なんて楽しい夜の過ごし方でしょう
熱帯夜も、少しは吹っ飛んでくれるかな。




◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: みんなに紹介したいこと | ジャンル: ブログ

珍客?

先日のことですが、農園に行くとハウスの脇にこんなものが。



横においた500円玉と比べても結構な大きさ。
だいたい5~6センチくらいでしょうか。

犬にしてはやたら指が長いし、
タヌキ?キツネ?
一体なんの足跡??


気になって調べてみると、どうやらアライグマの足跡みたい
(調べたのはこちらのサイト 鳥獣被害対策.com )


そういえば最近ご近所で、アライグマ侵入事件がちょいちょい発生しているそうで。
『ラスカル』世代の私は、ちょっと会ってみたい気もするのですが、
野生のアライグマって可愛い顔に似合わず、結構どう猛なんですってね
ハウスに入り込んで悪さでもされると大変なので、
招かざるお客さまには、できればお引き取りいただきたいものです。



そうそう、珍客といえばこんなのも。

06301.jpg

本圃ハウスをお掃除していたときに見つけた、ザリガニさんの亡き骸。
…なんでこんなとこに
周りの田んぼからえっちらおっちら来たんでしょうけど、
こんな水気のないところに迷い込むなんて…
つくづくご愁傷さまです

でもカラカラに干からびたザリガニさんを見て、
「沢ガニの素揚げみたいで、ちょっとおいしそう」と思ったのは秘密です。





◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ



テーマ: 日記 | ジャンル: ブログ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。