こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

着任!

先日、こはる農園にとって大事な大事なスタッフさんが、着任してくれました

DSCN0254.jpg

約半年間のレンタル契約で養蜂園さんから出向してくれているミツバチたちです。

うちのハウスでは、受粉はすべてミツバチに委ねているので、
彼らの働きいかんによって、いちごの成育が大きく左右される重大任務

ハウスでは先週くらいからいちごの花がけっこう咲いてきていて、
一刻も早くハチさんに受粉してもらいたいところなのですが、
昨年は花の数が少ないうちに導入してしまったことで、
ハチが弱る一因になったのでは?と養蜂園さんから指摘を受けたこともあり、
今年はある程度咲きそろうまでじっと我慢してたんです。
ようやく待ち焦がれたハチさんの登場に期待が募ります

でも、環境の良い養蜂場から、突如見知らぬいちごハウスに連れて来られて、
しばらくは落ち着かなくて四苦八苦のハチさんたち。
無駄にぶんぶん飛び回ったり、天井にぶつかってみたり、
はたまた葉っぱの裏で一休みしていたり…。
こちらの期待とは裏腹に、なかなか花粉を集めようとしてくれません


…と思ってたら、珍しくちゃんとお仕事をしているハチもいた!!

DSCN0273.jpg

足に花粉つけてるのわかりますか?
他のみんながぐうたらしている中、
がんばって蜜を集めて、巣に持ち帰る働き者のハチさん
えらいねぇ。


ちなみに、働きバチはすべてメスなんですよ。
オスは外に出て蜜を集めたりすることはなく、巣の中で繁殖を担うだけの役割。
女王様といい、働きバチといい、ハチの社会は女性社会。
こはる農園もミツバチのように、女のパワーさく裂でがんばらねば





◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

ハッピーハロウィン!

DSC_7722.jpg


今日は久しぶりのオフ。
家でのんびりする時間があったので、おやつを作ってみました。
ハロウィンに便乗した「かぼちゃのスコーン」です。

もともとかぼちゃとかお芋とか栗とか、秋のスイーツ大好きな私。
この時期はどこに行ってもかぼちゃのオンパレードでテンション上がります
食欲の秋っていいですねぇ^^


しかし、いつからこんなハロウィンなんて言い出したんでしょうね?
外国のような宗教的背景を一切無視しての、仮装だのパーティーだのといった
どんちゃん騒ぎぶりには少々の違和感をおぼえるフシもあるのですが、
そんなこと言ったらクリスマスもそうですもんね。
きっとイベント大好きな日本にぴったりマッチしたってことなんでしょう。
何十年もしたら、ハロウィンも当りまえのことになってるのかな

…なんて思いつつ、かぼちゃのおやつに舌鼓を打ち、
さりげなくかぼちゃのディスプレイをしてみる私なのでした
(だってかぼちゃ好きなんですもん)



◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: ブログ | ジャンル: ブログ

咲いた~♪咲いた~♪



つぼみがどんどん出てきた~と喜んでいたら、
あっという間に花が咲きました~

DSCN0231.jpg


小さくて真っ白いいちごの花。
一番初めに咲くものが一番大きくて、
このお花でだいたい500円玉より少し大きいくらいです。

中心の黄色くてほわほわしているのが、いちごの実になるところ。
ここにハチさんが受粉をしてくれれば、めでたくいちごができるのです。
まわりに見えているのはヘタになる部分なんですが、
ヘタが4、5センチもあるってことは、いちごがどれくらい大きいか想像がつきますね
今年も8センチ近くもあるようなでっかいイチゴ穫れるといいなぁ


ご存知でしたか?
いちごはバラ科の植物なんですよ

意外かもしれませんが、バラ科の植物ってすごく多くて、
サクラやウメ、リンゴやナシにモモ…などなど、み~んなバラ科に属します。

白い花を可憐に咲かせているいちごの花を見ていると、
イングリッシュローズのようなゴージャスなお花とは似ても似つきませんが、
原種に近い一重咲きのバラの花と比べたら「なるほどね~」と思えます。

こちらが一重咲きのバラ↓
3581440.jpg


ハウス中が真っ白なお花でいっぱいになるのも時間の問題。
お仕事の密度がだんだん濃くなっていく今日この頃ですが、
いちごの実がなるその日を楽しみに、がんばってお世話に励もうと思います





◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

出蕾




くさかんむりに雷と書いて「蕾(つぼみ)」。
なぜそう書くのか、漢字の成り立ちはわかりませんが、
まるでいきなり空でピカッと光る稲光のように、
ある日突然、新芽の間からひょっこりと現れるいちごのつぼみ。

ついにこはる農園のいちご畑でも、あちこちで見られるようになりました

写真では葉っぱと同化してわかりにくいかもしれませんが。
真ん中のくしゃくしゃのかたまりがつぼみです。
くしゃくしゃした部分は後にいちごのヘタになるところ。
この真ん中から花が出てきて、その花が落ちて実が大きくなると、
ついにいちごの収穫となります。

つぼみを目にすると、俄然いちごの収穫が楽しみでワクワクしてきます
でも楽しみな部分もありつつ、病気や害虫にやられたりしないかなと不安も尽きず…
どうか無事に何事もなく…とそればかり願う毎日です。


今年最大級と恐れられていた台風26号は、
日本のあちこちに甚大な被害をもたらしていきましたね。
自分たちが被害を受けなくてほっとする気持ちは正直言って隠せませんが、
テレビで見る凄まじい光景に胸が痛むばかりです。

被災された方々にお見舞いを申し上げますとともに、
犠牲になられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。





◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

親子水入らず

この三連休は本当にいいお天気つづきで、おでかけ日和でしたね。
あちこちレジャーに行かれた方も多かったのでは?

言うまでもなくこはる農園は、連休とはご縁がなくお仕事三昧
行楽には目もくれず、農園のお手伝いを率先して買って出てくれた旦那の両親と一緒に、
秋晴れの空の下、汗を流しながら頑張っておりました。




何をやっているかというと、先月の台風で浸水した際に、
ビニールハウスの裾の重しにしていた砂利が全部はずれてしまったので、
もう一度元に戻すという地道な作業です。

人手があると思うとついつい甘えてしまって、
いつも大変な仕事をお願いしてしまう鬼のような園主夫婦。
来月喜寿を迎えるお父さんと、60代真っ只中のお母さんにも容赦ありません

じりじり照りつける日差しもあいまって、相当しんどかったと思うけど、
文句も言わずに作業してくれて、頭が下がるばかりです。

こうして親子三人が並んで作業している光景、
農園を始めてからは度々見るようになりましたが、
サラリーマンをしていた時にはほとんどそんな機会もなかったわけで、
親子水入らずの貴重な時間になっていたりします。

まぁそんな風にいいように考えてるのは私たちだけで、
両親の心の内はわかりませんが

この場を借りてあらためて…
お父さんお母さん、本当にありがとう
もちろん、いつも手伝ってくれている私の母にも心から感謝です






◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

いたちごっこ

涼しくなったかと思えば、真夏みたいな暑さになったり、
何ともおかしな気候のこの頃。
次々やってくる台風にもビクビクして、ほんと気が休まりません

こんな気温の高い日が続けば、いちごの成育もどうなるやらと心配です。
今のところは元気に育ってくれているのですが、一寸先は闇ですからね。
「平年並み」に落ち着いてくれることを祈るばかりです。


さて、最近の農園ではどんな作業をしているのかというと、
いちごの株の成長を妨げる邪魔モノをせっせと取り除くお仕事がメインです。

邪魔モノというのは…

DSCN0176.jpg

こうしてニョキニョキと伸びてくる「ランナー」や、

DSCN0182.jpg

株元からひょっこり現れる「わき芽」たちのこと。

これらを放置しておくと、どんどんそっちに栄養がいってしまって、
本筋のほうにちゃんと栄養が行かなくなってしまうのです。
だから、見つけたら即刻ぶちーんと取ってしまいます。


ランナーというのは、育苗中はすごく大事な存在で、
ひょろーんと伸びているのを見つけたら、
「おぉ~~」と喜んで子苗として育てていたのに、
本圃に定植されたとたんに目の仇のように厄介者あつかいされる始末。

ランナーさんの立場からすると「そりゃないよ」とでも言いたくなるでしょうが、
『昨日の友は今日の敵』、いちごの成長のためにはやむを得ません。
ずらりと植わった8000本あまりの株を丁寧に見て回って、しらみつぶしに取っていくのです。


いちご農家のお仕事にはいろんな作業がありますが、
ぶっちゃけ自分の中では好き嫌いがけっこうあって、
(どちらかというと、嫌いなお仕事のほうが多いんですが)
このランナーとりのお仕事は、かなり好きな部類のお仕事なんです。

なぜかというと、あまり余計なことを考えなくてもいい作業だから。
この先待ち構えている摘花とかだと、「こっちを残して、そっちは取って…」って感じで、
すごーく考えてやらないといけないので、神経すり減っちゃうんですよ。

その点、生えているものは全部取っていいというこのランナー取りは、
いたってシンプルで楽ちん

…なハズなんですが、株がぐんぐん成長するのに合わせて、
ランナーの伸びるスピードも早いのなんのって

だいたい1日で1棟、2日かかって2棟全部ランナーチェックし終わった~と思ったら、
もうまた新しいのが生えてるって感じで、やってもやっても終わりが見えず、
まさにいたちごっこ状態。
だんだん辟易してきております…

でもこんなふうに次から次へとランナーが出てくるのは、株が元気な証拠。
新芽がどんどん出てくるのと連動してるわけだから。

まだ当面いたちごっこから脱却できそうにはありませんが、
「好きな作業」と言ったからには、率先してやらないとね(笑)






◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

忘れられた押し花

DSCN0170.jpg


調べものをしようとして辞典を開いたら、
丁寧に折りたたまれたティッシュがぱらりと落ちた。

何だろうと思って開いてみると、出てきたのは干からびた小さな白い花…

思い出した!
初めていちごの花が咲いたとき、記念にと思って持ち帰って、
押し花にするべく分厚い辞典にはさんでおいたんだっけ。


今では見慣れてしまったいちごの花だけど、
初めて白い花が咲いたときは、すごく感動したのを覚えてる。
そんな感動をとどめておきたくて押し花にしたのに、
当の本人がすっかり忘れてしまっていたなんて…
おかげでしっかりプレスされて、いい押し花になってたけど(笑)


あれから2年。
いちご農家として少しずつ慣れてきて、
お仕事の要領も得てきたし、知識も増えたし、それなりに成長もしてると思う。
一方で、「初めて」の事がらがどんどん減ってきて、
感動や新鮮さが以前に比べたら、ちょっとずつ薄れてきているのも事実。

この押し花はきっと、ともすれば日常に流されそうになってしまう私への
「初心を忘れるな」というメッセージに違いない。
戒めを心に刻んで、また新たな気持ちでお仕事に向かわなくちゃ。






◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 雑記 | ジャンル: ブログ

健康診断とやっかいな腰痛

今日は年に一回受けている健康診断の日。
お仕事は半日お休みにして、夫婦そろって総合病院の健診センターに行ってきました。

身体測定・血液検査・レントゲン等の通常の検査に加えて、
今回はこってりと色々なところを調べてもらおう!ってことで、
腹部の超音波検査や眼底検査、そして胃カメラもオプションでしてもらいました。

わたくし、人生初の胃カメラ検査でして
経験者に聞くと「全然楽勝♪」と言う人もいれば「すごく苦しいよ」という人もいて、
やる前からかなり身構えてましたが、
幸い健診を受けた病院は、鼻からの胃カメラも希望すればやってもらえるので、今回はそちらを選択。
ふたを開けてみれば、「思ってたより全然ラク~
医療の進歩って、ほんとスゴイですね


健康診断の詳細な結果は後日送られてきますが、とりあえず今のところは問題ナシ。
旦那は「もう少しお酒を控えなさい」と諭されたようですが。
(ほうら、言わんっこっちゃない…)

私はというと、最後の内科の問診で「どこかお悪いところはありませんか?」と訊かれたので、
「内科的にはどこも悪くはないんですけど… 腰がすごく痛いんです」と訴えたら、
すご~く若い女医さんに「ははは…」と苦笑いされてしまいました。
そりゃ、内科の先生に腰痛を訴えた私がバカでしたが、
そんなふうに鼻であしらわなくてもいいじゃんか


で、なんでそんなに腰が痛いのかというと、原因はコレ↓

DSCN141.jpg

先月の台風18号の直撃で、砂や泥が流れ込んでコテコテになったハウスを、
朝から晩までデッキブラシを握りしめて、ゴシゴシと床掃除に励んでいるのです。
なにせだだっ広いハウス(奥行85m×2棟)なので、やってもやっても全然進まず…
中腰の姿勢で何日もこの作業をするのは、もともと腰痛持ちの私には過酷すぎます


せめてもの救いは、こんないい道具をみつけたこと

DSCN0121.jpg

デッキブラシにホースを連結すれば、ブラシの先から水が出てくる優れモノ
これのおかげで、作業効率もだいぶ上がったと思います。

お役立ちの道具と、私たち夫婦の必死の頑張りで、少しずつ元の姿に戻りつつあるいちごハウス。

DSCN0139.jpg

人によっては、「そこまできれいにしなくても」と思われるかもしれませんが、
歩くたびに砂ぼこりが舞うようなハウスで、いちごを収穫したくはありませんからね。
しんどい作業ではありますが、地道にこつこつゴシゴシ頑張りますよ~






◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ
このページのトップへ