こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

おまけの多い旅

前回の比叡山横断ツアーの番外編です。


叡山電鉄・出町柳駅に降り立った私たち。
京阪電車に乗り換えて三条駅に向かうつもりが、
旦那が「そういえば下鴨神社って行ったことないなぁ」というので、
「すぐ近くだから行ってみる?」と、ちょっと寄り道することに。

P_20150724_164012.jpg


向かう道すがら、「下鴨に来たらみたらし団子食べないとね~」なんて
話しつつ歩いていると、神社の入口に「みたらし祭」という看板が出現
おおっ、これはもしや”みたらし団子を食べるお祭り”か?と
あまりのタイムリーさに嬉々として境内に行ってみると…

P_20150724_164951.jpg

「みたらし祭」というのは、年に一回土用の丑の日前後の数日間だけ、
裸足になってみたらし池に入れる「足つけ神事」のことをいうようで
どうりですごい人出だと思ったら、偶然にもそんな大イベントの日だったんですね。

知らずに来たとはいえ、ここはもちろん参加しなくちゃ。
300円の初穂料をおさめて、おろうそくをいただき、
靴を脱ぎ、裾をまくって、みたらし池にじゃぶじゃぶ。

DSC_8515.jpg

水位は深いところで大人のひざ下くらいなんですが、
とにかく水が冷たいことといったら
今にも足がちぎれるかと思うほどの冷たさで、長くは池にいられず。
おかげで暑さも一瞬にして吹き飛びました。


そして、神事を終えたあとは…

P_20150724_171435.jpg

やっぱりみたらし団子
神社の人も「みたらし団子食べるお祭りでもありますよ」って言ってたし。

小腹も満たされたところで、寄り道は終了。
軌道修正して、京阪三条駅へと向かいます。


いよいよ京阪三条から浜大津へ向かう…
と思ったそこのあなた、まだ私たち夫婦のことをわかってませんね(笑)
時刻はまだ宵の口。
さっさと帰っておねんねするはずがありません。

ふと気が付いたのです、この日は祇園祭の後祭りだと。
とはいえ思い付きゆえ、何があるのかもわからないままに、
とりあえず八坂神社に足を向けてみました。


P_20150724_185300.jpg


着いてみると、八坂神社の前にはすでにたくさんの人が並んでいて、
聞くところによると、夜にお神輿の還幸祭というのがあって、
5時ごろに四条のお旅所を出発し、氏子町内を練り歩き、
9時ごろ八坂神社に戻ってくるのを何時間も待ち構えているのだとか。

さすがに私たちはそこまで辛抱強くないので、
ならばお神輿のいる場所に行けばいいやということになり、
ついでに祇園や京極あたりをブラブラしながら、
お神輿探しの散策をすることに。

DSC_8539.jpg
P_20150724_192121.jpg


旦那は夜の京都にほとんど行ったことがないらしく、
祇園に足を踏み入れたのも初めてだそうで。
まぁ、これからも縁のない場所だとは思いますけど(笑)

それにしても、外国人観光客の多さにあらためてびっくり
今や世界一魅力のある都市と言われているらしいですからね。
その何割かでいいから、滋賀のほうにも足を延ばしてほしいものです。


さて、あちこち歩き回って、ようやくお神輿に遭遇。

DSC_8552.jpg

「ホイット ホイット」という掛け声とともに、大行列が進んでいきます。
コンチキチンの山鉾巡行とはまた違って、
こういうのも含めて祇園祭なんだなぁと知るいい機会になりました。
祭の気分も味わえたところで、ようやく旅もジ・エンド。
京阪三条から浜大津に戻り、ちょうど12時間の1dayトリップ終了です。

まぁしかし、比叡山横断するだけのつもりが、
なんと寄り道の多かったことか。
おかげで思いがけず貴重な経験もできましたが、もう足はフラフラ。
それもそのはず、歩数計見たら23000歩以上歩いてましたから
運動不足解消の一助にはなったかな。


ちょっとそこまで…の気楽なレジャーのつもりが、
あまりに内容の濃い旅となり、ネタがいっぱいで、
ついブログにも熱が入り、長文の大作になってしまいました
気長に最後までお付き合いくださった奇特な皆さま、
どうもありがとうございました。
少しは滋賀の魅力を再発見できたでしょうか


ちなみに、今回の電車旅に利用したのはこちらの切符。

比叡山横断チケット(詳しくは京阪電車ホームページへ  )
P_20150724_225735.jpg

京阪電車全線と、比叡山内のケーブル・ロープウェイ・シャトルバス乗り放題、
それから延暦寺の巡拝券もついています。
これを持っていると受けられる特典も色々あって、
電車で比叡山めぐりされる方には便利でお得な切符です。
夏休みのおでかけにおすすめですよ~






◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪

続・滋賀の魅力を再発見・比叡山編

比叡山横断ツアーの続きをお送りします。




ようやくやってきました、比叡山延暦寺。

今回初めて知ったのですが、比叡山延暦寺というのは、
比叡山中にある150ものお堂や塔の総称で、
延暦寺というひとつの建造物を指すわけではないんですね。
(滋賀県民なのに、不勉強で恥ずかし~~~)

その広大な境内は「東塔」「西塔」「横川」という3つのエリアに分かれていて、
一般的に比叡山延暦寺といってまず思い浮かべる「根本中堂」など、
観光するとしたら、「東塔」エリアが中心になります。

DSC_8470.jpg

延暦寺の中は撮影禁止のところが多くて、
外側からだけですが、これが根本中堂。
お堂の中央には、1200年もの間消えたことがないという「不滅の法灯」が
この日も煌々と灯り続けていました。

来年から10年かけて大改修が行われるそうで、
すでに事前調査のために足場が組まれており、
厳かな雰囲気が少しトーンダウンした感じもありましたが、
それでも歴史を感じるには十分な、凛とした空間でした。


根本中堂の他にも、東塔エリアだけでもまだまだたくさんの堂塔があります。

文殊楼
P_20150724_135415.jpg

大講堂
DSC_8474.jpg

戒壇院
DSC_8478.jpg

阿弥陀堂と東塔
DSC_8487.jpg

ひとつひとつ時間をかけて参拝していたら、けっこうな時間がかかり、
他のエリアまで見て回る余裕はまったくありませんでした
西塔や横川エリアは次回のお楽しみにとっておくとしましょう。


さて延暦寺を後にして、ここからは下山ルート。
電車で来た場合、延暦寺内の移動にはシャトルバスが便利です。
シャトルバスで山頂バス停まで行き、
叡山ロープウェーのりばへと向かいます。

坂本からはケーブルカー1本で来れましたが、
八瀬ルートはロープウェーとケーブルカーを乗り継がなければいけません。

で、ロープウェーのりばへ着いたのですが…
これがなかなかの老朽化ぶりが激しい建物で
ワイヤー1本に身を預けるというのに大丈夫か…と
一抹の不安がよぎりましたが、乗り物自体はわりと新しくて一安心。
眼下に京都市内の街並みを眺めながら、しばしの空中散歩です。

DSC_8495.jpg

次は叡山ケーブル。

DSC_8498.jpg

ガタンゴトン、ゆっくりゆっくり進んでいきます。
途中、車窓のすぐ脇に鹿がいたり、滝の音が聞こえてきたり、
何よりも窓から吹いてくる風がとても気持ちいい~
車の旅は便利ですが、電車でなければこういった風情は味わえません。
たまにはこんなのんびりした時間の過ごし方もいいものです。

そして、ケーブル八瀬駅から叡山電鉄に乗り換え、出町柳駅へ。
そこから三条まで行き、浜大津へと帰還…
となる予定だったのですが、時間はまだ夕方の4時。
素直に帰宅するような私たちではありません

旅のおまけ編へと続きます。









◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 滋賀県情報 | ジャンル: 地域情報

滋賀の魅力を再発見・比叡山編

前回のブログからの続きです。

表題にもありますとおり、今回「滋賀の魅力を再発見」するため
行ってきたのは比叡山。

恥ずかしながら私、滋賀県民でありながら、
また毎日対岸からその山頂を眺めて暮らしていながら、
比叡山延暦寺には一度も行ったことがなかったんですよね。
大阪出身の主人のほうが何度か行ってるというのに

でも周りの滋賀県民に聞いても、みんな結構比叡山って行ったことないんですよ。
もしや「県民あるある」なんじゃないかと思うくらい。
そんなんだから、県外の人に「比叡山は京都」と思われててもしょうがないのかも…
なんて、自戒を込めて思ったりもします。


で、比叡山に行くとしたら、まず手っ取り早く車で、
比叡山ドライブウェイをピューっと行けば、
あっという間にたどり着くのですが、それではちょっとつまんない。
どうせならこの際、ケーブルカーにも乗ってみたい!って思って、
しかも行きは滋賀の坂本側から、帰りは京都・八瀬側に降りるという
電車フル活用した比叡山横断ツアーを企ててみました。
(まるで鉄オタ!)


まずは起点となる京阪浜大津駅に車を止めて、ここから電車に乗り込みます。
電車でのぐるっと一周ツアーなので、起点の駅はどこでもよかったのですが、
帰りのアクセスのしやすさと駐車場事情から、今回は浜大津起点としました。


P_20150724_112416.jpg

浜大津から坂本まで京阪電車で。
これがかの有名な石坂線のラッピング電車
こりゃオタさん喜ぶだろうなぁ
そういえば、石坂線に乗るのも初めてで、
車窓から見る風景が、とても新鮮に感じられました。


P_20150724_120745.jpg

坂本は「穴太(あのう)衆」で有名な石積みの街。
名所旧跡がたくさんあって、あちこち見て回りたいところですが、
私たちが坂本でまず向かった先は…「鶴喜そば」
いつも花より団子な私たち

DSC_8419.jpg

DSC_8421.jpg

比叡山に上ったら、おいしいお昼ご飯にありつけるか不安だったので、
とりあえずは腹ごしらえ
さすが老舗の有名店だけあって、お値段はちょっとお高かったですけど、
とてもおいしいお蕎麦でした。


さて、いざ比叡山へ!
…といきたいところですが、せっかく坂本に来たので、
行ってみたかった「旧竹林院」へ足を運ぶことに。

P_20150724_121528.jpg

P_20150724_121702.jpg

坂本には延暦寺のお坊さまが隠居された里坊がたくさんあり、
この旧竹林院もそのひとつ。
手入れが行き届いたきれいなお庭が、夏の陽射しに映えて、
緑の鮮やかさがとても印象的でした。
とくに大きな松の枝ぶりがひときわ美しくて、ちょっと感動。
松の良さがわかるなんて、歳とった証拠でしょうかね


旧竹林院のほかにも日吉大社や西教寺など、
行ってみたいところは数あれど、ここは先を急ぐ旅。
坂本観光はまたあらためてということで、
いよいよケーブルカーのりばへ。


DSC_8451.jpg

ヨーロッパ調の可愛らしいデザインのレトロな車両に乗り込み、いざ比叡山頂へ!
旦那は小さい頃にこれに乗って、途中駅にあったキャンプ場に行ったそうで、
思い出に浸りながら数分間の旅を楽しんでいました。
(ちなみに駅員さんに聞いたところ、キャンプ場は比叡山が世界遺産登録された際に
火気厳禁のあおりを受けて閉鎖になってしまったそうです。)

ケーブルに揺られること11分、終点の延暦寺駅に到着です。
眼下に広がるのは見慣れた琵琶湖。

DSC_8462.jpg

残念ながら、この場所からは草津方面はちょうど隠れてしまって見えず…
でもお天気も良く、風もとても心地よくて、開放感たっぷり
自分の住む場所がすぐそこに見えているにもかかわらず、
なんだか別世界に来たみたいな不思議な感覚を覚えました。

ケーブルの駅から延暦寺までは、木立の中を少し歩かなければいけません。
のぼり坂がしばらく続き、けっこう体力使います。
日頃を運動不足をまざまざと痛感…
車だったら一瞬なのになぁと思ったのはナイショ。

さぁ、やっと延暦寺の門が見えてきました!
が、またまた長くなりましたので、今回はここまで。
続きも気が向きましたら、ぜひお付き合いくださいね。









◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 滋賀県情報 | ジャンル: 地域情報

こはる農園流・オフの楽しみ方

ようこそ、こはる農園ブログへ!
本日もご訪問いただきありがとうございます。


いちご農園のお仕事をしていていて、1年のうちで一番ゆっくりできるが今の時期。
いちごの収穫期はほぼ半年間休みなく働かないといけませんので、
お休みは今のうちに取りためておかないと

もちろん苗のお世話はしっかりしなくてはいけませんが、
効率よく仕事のペースを配分すれば、オフを楽しむ時間もそれなりに生み出せます。
そのためには、めちゃめちゃ頭を使ったり、省力化できる機器なども導入したり、
お休みのためならエンヤコラ~ではありませんが(笑)
余暇をひねり出す術も、農家5年目にしてだいぶ上達してきました

さすがに何日も休んで海外旅行なんてのは夢のまた夢ですが、
日帰りで行けるような近場の旅を楽しむのがこはる農園流。
そしてただ単に遊びまわるのではなく、テーマや目的を持って臨むと、
同じレジャーでも何倍も楽しめる気がするんですよね。

今年のオフのテーマは、
「滋賀の魅力を再発見!」

このところ、うちの農園にも他府県の方がたくさんきてくださるようになり、
お話をしている中で、「おすすめのスポットはどこですか?」とか、
観光情報を求められることがしばしばあるのですが、
そう言われてみると、意外に自分たちも滋賀のことを
まだまだ知らないなぁと実感することが多くて、
このシーズンオフの間に、まだ行ったことがない滋賀のスポットを
あちこち回ってみたいなと思っています。

ちなみに、我が家には”オフの計画表”なるものがありまして、
計画表といっても、忙しいシーズン中に現実逃避がてら、
行きたいこと・やりたいことをいっぱい書きためておいただけなんですが、
それを一つずつクリアしていくのがこの夏のミッション
項目がたくさんありすぎて、全部クリアするのは難題ですが
オフもお仕事同様に全力投球で楽しみまくりたいと思います。


ということで、そんな「滋賀の魅力を再発見!」の第一弾をご紹介…
と思いましたが、前置きが大変長くなりましたので、いったんここまで。
よろしければ、私たちのオフの一日にまたお付き合いくださいませ


で、どこに行ってきたかといいますと…
その地からの眺めはこんな感じ。
さてどこでしょう?

DSC_8465.jpg









◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 今日のつぶやき | ジャンル: ブログ

天使の降臨

20150721_135735.jpg


我が家に赤ちゃんがやってきました。
いえ、残念ながらうちの子ではありません
妹が出産して、しばらく里帰りをしているのです。

さわったら壊れそうなほど、小さくて華奢な赤ちゃん。
手も足も、まるでミニチュアのお人形さんのようで、
どれだけ見ていても飽きることがありません。

赤ちゃんは天使のようだといいますが、
寝顔をみているだけで癒しの存在になるなんて、
まさに天使以外の何ものでもありませんよね


P_20150721_131134.jpg

年の差92歳のツーショット
ふだんは平均年齢68歳という家族構成の我が家に、
ぱっと明かりが灯ったような感じです。

赤ちゃんのいる暮らしというと、もっと泣き声がうるさかったり、
気を遣ったりして大変かと思いきや、
このベビーちゃん、妹に似たのか、妙に落ち着きがあって、
そんなにギャーギャー泣いたりしないし、ちっとも動じないし、
とても肝の据わったお嬢さん。
どんな子になるのか、将来がとても楽しみです


このブログを見てくださってる方の中にも、
妹の出産をご心配していただいた方がおられると思いますので、
妹に代わってご報告させていただきますね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたしま~す

P_20150721_130452_BF.jpg







◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 今日のつぶやき | ジャンル: ブログ

台風接近中

ようこそ、こはる農園ブログへ!
本日もご訪問いただきありがとうございます。


台風11号がどんどん近づいてきています。
みなさん、備えは万全ですか?
うちの地域では、今晩遅くから明日にかけて最も雨風がひどくなるようで、
明日はどうやら自宅待機になりそうです。

とりあえず今日のうちに作業を済まさねばと、
雨風吹き付けるハウスでお仕事をしていたのですが、
とにかく風がハウスのビニールをたたく音がすごくて…
旦那と会話するのも、めいっぱい大きな声を出さないと聞こえないくらい。
太鼓の中に入ってるみたいな感じと言えば想像つくでしょうか。

でも、思えばいちご園を始めたばかりの頃は、
台風とか暴風のたびに、ハウスの中で爆音を聞くのが怖くて、
仕事もなかなか手につかなかったのですが、
さすがにもう何年も経つと慣れたもんで、
「あらまぁ、今日はちょっとにぎやかだねぇ」くらいに思えてきて、
経験というのはさすがだなぁなんて思いながらお仕事してました


こんな大型の台風がやってくるたび、
「ハウスは大丈夫かな」と心配にはなるのですが、
お天気とか自然災害といった、自分の力ではどうにもならないことを
無駄に心配してもしょうがないという境地になってきました。
「備えあれば憂いなし」の言葉どおり、できる限りの対策や準備をしたら、
あとはひたすら成り行きを見守るだけ。
手に汗握って台風の進路図をチェックしながら、右往左往していた頃からすれば、
農家としてもちょっと進歩したのかなと思います。

外は暴風がすごいけど、ここは少し心を落ち着けて、
コーヒーでも飲んでのんびり過ごすとしましょうか。
とにかく無事に台風が通りすぎてくれますように・・・










◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 今日のつぶやき | ジャンル: ブログ

つばめの来る家

ようこそ、こはる農園ブログへ!
本日もご訪問いただきありがとうございます。


このところ、うっとうしいお天気が続いていますね。
うちで飼っている猫たちが、せっせと耳のうしろを掻いてたり、
ツバメが低空飛行をしているのを見ると、
「あぁまた明日も雨か…」と、どんよりしてしまいます
雨だとできない仕事も多いので、早く梅雨が明けてほしいものです。


ところで、「ツバメ」と言えば…
我が家には毎年ツバメが巣を作りにやってきます。



ぴーぴー可愛く鳴いているヒナたちを写真に撮ろうと、
脚立に乗って近づいたら、親鳥にめっちゃ威嚇されました
怖がらせてごめんなさい


それにしてもこのツバメの巣、ガレージのかなり奥まったところにあって、
なかなか見つけにくいと思うのですが、
毎年必ず巣を作りにやってくるのがすごく不思議。
同じ個体が戻ってくるのか、巣立ったヒナが戻ってくるのか、
もしくは物件情報を聞きつけた別のツバメがやってくるのか…
ツバメの帰巣本能とか巣作りとか、生態を調べるのも面白そう。

そういえば、ツバメが巣を作りに来る家には福が来ると言いますよね。
なんでそう言われるのか、はたまたホントにそうなのか、
真偽のほどはわかりませんが、可愛いヒナたちが癒してくれるのは事実です
悪そうな顔して狙ってる猫たちに襲われずに、無事に巣立ってくれますように







◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 今日のつぶやき | ジャンル: ブログ

おうちバル♪

ようこそ、こはる農園ブログへ!
本日もご訪問いただきありがとうございます。


皆さん、晩酌ってされますか?
うちの旦那さんは、ほぼ毎日家飲み派。
よそに飲みに行くのは年に数回程度。
よっぽど家でのサービスがいいから…というわけではなく、
単にフトコロ具合の問題なのでしょうが(笑)


で、日々の晩酌の際、できる奥さんなら、
気の利いたおつまみでもさっと出してくれるんでしょうけど、
うちにはそんな妻の鑑のような奥さんはいませんので、
普段はナッツかチーズなんかがあれば十分。
手のかからない旦那さんでよかったとつくづく思います


でも、たまには奥さんらしいことをしなくちゃね…と思って、
晩酌のお供に作ってみました、「オイルサーディンのアヒージョ」。
サングリアも添えたら、気分はすっかりスペインバル風





以前、こはる農園のお客さまに差し入れでいただいて以来、
すっかり虜になってしまった竹中缶詰の「はしだて印オイルサーディン」。
自分でもお取り寄せするくらいお気に入りになっていたのですが、
先日舞鶴に行った際、立ち寄った道の駅でたくさん売っているのを見つけて、
同行の義母におすすめしていたら、うちの分までお土産で買ってもらいました


DSCN5180.jpg

これこれ、この見事に並んだきれいなイワシさん。
他のオイルサーディンとは全然違うんですよ。

パプリカやエリンギ、玉ねぎなんかと一緒に、
にんにくをきかせたオリーブオイルでぐつぐつしたら、
あっという間におしゃれなタパスのできあがり~
お酒もどんどん進んじゃいます


ちなみに、もうひとつ我が家が最近ハマってるおつまみが、
明治の「十勝カマンベールチーズ」のブラックペッパー入り。

DSCN5193.jpg

「お酒によく合う」とのコピーどおり、ビールにもワインにもぴったり。
ブラックペッパーのパンチが効いてて、すごくおいしいですよ。

皆さんも、楽しい晩酌を







◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 今日のつぶやき | ジャンル: ブログ
このページのトップへ