こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうにかこうにか

ようこそ、こはる農園ブログへ!
本日もご訪問いただきありがとうございます。


気がつけば、もう2週間近くもブログの更新ができてませんでした
ハウスの造成がらみで毎日やることが多すぎて、
時間の流れの早さに呆気にとられてしまいます


さて、その後ハウスの工事がどうなったかといいますと…




業者さんに外側を建ててもらったあと、自分たちで整地。

P_20160622.jpg

旦那はユンボに乗って楽々、人力頼みの私はひたすら体力勝負

P_2016062402.jpg

P_20160625.jpg

水道配管も自分たちでやっちゃいます。
(地下水利用なので素人がやってもOKなんです。)
溝掘って、パイプ繋いで、埋め戻して…
ずっとスコップ片手に土木工事。
おかげであちこち痛すぎて、もうどこが痛いのかさえよくわからない状態…

体にムチ打って、なんとか私たちの担当部分も無事にでき、
新しい育苗ハウスが完成

P_2016062401.jpg


そして、どうにかこうにか
遅れていた苗植えも終了

P_20160627_160016.jpg


あ、言い忘れてましたが、今回の工事は単なる増設ではなく、
現在の育苗ハウスを増床して本圃ハウスに改築し、
別の場所に規模を縮小した育苗ハウスを建てるという
なんだかとってもややこしいリフォーム工事なんです。

なので、とりあえず育苗ハウスは完成しましたが、
まだ本圃ハウスの工事が次に控えているのです。
一難去ってまた一難…

まだまだしばらくはこんな調子で、怒涛の毎日が続きそうです。






◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
スポンサーサイト
テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

新しいハウス

ようこそ、こはる農園ブログへ!
本日もご訪問いただきありがとうございます。


P_20160617_105354.jpg

こはる農園の近くを通られた方はお気づきかもしれませんが、
只今ハウスを増設しています

増設といっても大した面積ではありませんが、
空き地を有効利用しないのはもったいないということで、
今の自分たちにできる範囲で、手を広げることになりました。


骨組が少しずつ組み上げられていく様子を見ていたら、
5年前のことが鮮やかに蘇ってきます。

20110222.jpg

これは5年前の2011年、こはる農園の開業にあたり、
ハウスを新設しているときの写真です。

最初はこんなんだったんだなぁと思い出して、
いろいろと感慨に耽ってしまいます…


何もわからないままに、無我夢中でひたすら頑張っていたあの頃。
ハウスの新設にあたっても、外側の部分だけは業者さんにお願いして、
中の設備などは、自分たちの手で組んでいきました。
朝から晩まで力仕事ばかりで、くたくただったなぁ。
ホント、よくやったと自分で自分を褒めてあげたい


今回は時間もないことから、設備の部分はほとんど業者さん任せ。
5年前のようにがっつり力仕事ばかりしなくて済んで、心底ほっとしています。

が、もちろんその分費用はたんまりかかります
なので、できることはなるべく自分たちの手でやらねば



ってことで、旦那5年ぶりのユンボ操作。
たどたどしい動きではありましたが、なんとか操縦は覚えてたみたい

ユンボやダンプを貸してくれたのみならず、手伝いにまで来てくれた叔父、
通りがかりにふらっと助っ人に来てくれた近所の友だち、
またもや色々な方のご厚意に甘えつつ、一歩ずつハウス建設は進んでいます。

初心にかえって、新たな気持ちで。
こはる農園のリニューアルにむけて頑張りま~す






◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ

様変わり

ようこそ、こはる農園ブログへ!
本日もご訪問いただきありがとうございます。


今シーズンの営業が終わって一週間。
半年間続いたいちごの収穫から解放されて、
ハウスをほったらかして遊びに行きたいのはやまやまなんですが、
残念ながらそんなわけにはいきません。
次から次へと、やらねばならない仕事は山積み。
この一週間は、株の刈り取りに精を出していました。




ついこの間まで、いちごがたくさん実っていたハウスも、
すべて刈り取られて、すっかり様変わり。
まだいちごがあると思って来られたお客さまも、
ハウスを見て、びっくりされて帰られます。


毎年同じこと言ってるような気がしますが、
夏の間は、ここには何も植わりません。
連続して同じ場所に作物を植えると、
作物に寄生していた病原菌や害虫などが残り、
次に植える作物に悪い影響を与える「連作障害」が起こるのですが、
これを防ぐために、夏の間はベンチ(土が入っているところ)をビニールで被膜して、
ビニールハウスを締め切って、中の温度を高温にすることで、
菌や虫をやっつけてしまうのです。
夏にハウスを締め切ったらどういうことになるか、容易に想像がつくと思いますが、
そうやって連作障害の対策をするんです。


ハウスがからっぽになったままなのを見て、
何か他の作物を植えたらいいのに…と進言してくださる方もおられますが、
こんなわけで、夏の間はしっかりとお休みさせなくてはならないのです。

でも、ハウスに何も植わってないからと言って、
その間ずっと遊んでいられるわけではありません。
オフにはオフの仕事がいろいろありまして…
またそんなお話はおいおいお伝えしていきますね。






◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。