こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

閉幕

ソチオリンピックが終わりました。

メジャーな競技だけでなく、ふだんあまり見る機会のない競技も含め
なるべくたくさんのアスリートの姿を目に焼き付けようと、
時間のある限りテレビにくぎづけになっていたこの2週間あまり。
おかげでずっと睡眠不足が続いていた我が家にも、ようやく日常が戻ってきそうです。

真剣勝負を制してメダルをとった人たちの歓喜の笑顔と、
その裏にある計り知れない努力に何度涙したことか。
でも勝利の喜び以上に、今回ほどメダルや成績を飛び越えた感動を
味わった五輪はないような気がしています。

誰もが涙した浅田真央選手の渾身のフリーの演技。
フィギュアスケートファンとして、長年彼女を応援してきた私にとって、
あのラフマニノフは忘れられないものになりました。

2010年の10月、名古屋で開催されたNHK杯フィギュアを見に行ったのですが、
当時の浅田選手はジャンプの矯正中で、極度の成績不振に陥っていました。
そんな苦しい状態の中で見せてくれたエキシビションの演技。
自分のあるがままを受け入れて、それでも前を向く凛とした彼女の姿は本当に美しく、
はかなさと力強さが一体となったスケートは、今も鮮明に心に残っています。
彼女の夢がいつか絶対叶いますように…
そう願ってきた4年間でした。

その思いがようやく実を結んだ今回のオリンピック。
その胸にメダルこそありませんでしたが、それ以上に輝く何かを彼女自身得て、
私たちにも金メダル以上の価値のあるギフトをもたらしてくれました。
絶体絶命の中から何を見出すか、どう立ち向かっていくのか、
身をもって示してくれた彼女に、感謝の気持ちでいっぱいです。


浅田選手だけではありません。
出場している選手ひとりひとりにドラマがあり、
いろんなものを抱えて挑むオリンピックという舞台。
勝者がいれば、その何倍もの敗者がいる。
勝者はもちろん称賛されるべきだと思いますが、
精一杯やり尽くした敗者の姿からも、学ぶことはたくさんあります。
本当に大切なことは勝ち負けではなく、そこに向かう姿勢なのだと、
あらためて教えてもらったソチオリンピックでした。

たくさんの勇気と感動を届けてくれたすべての選手に
心からの拍手と感謝の気持ちを送りたいと思います。





◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 今日のつぶやき | ジャンル: ブログ
できてきました | Home | ぽつぽつと。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ