こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

3シーズン目にして

ついに!ようやく!
こはる農園に看板が立ちました~~~\(^o^)/

今まで直売小屋のほうにはプレート状の看板を出していたのですが、
もうちょっとわかりやすくて目立つ看板作りたいよね~と言いつつ、
なかなか実行に移せず早3年。
遅ればせながら、農園の顏というべき立て看板がやっと完成しました。 

DSCN0764.jpg 

ご覧になったお客さまからは、「こんな一枚板の看板、高かったでしょ?」と言われますが、
実はこれ、私たちの手作りなので、ほとんどお金はかかってません。

看板の素材は、大工をしている叔父が譲ってくれたもの。
それを自分たちで一生懸命加工して、見よう見まねで作ったんですよ。
なにせ、看板なんて作ったこともないから、仕上がりはアラだらけですが、
遠目にみれば、なかなかいい感じ

夏ごろから作り始めてたのですが、いちごのシーズンに入って忙しくなると、
すっかり後回しになってしまい、日の目を見るのにえらく長いことかかった看板作り。
2月のいちごの少ない時期を利用して作業を進め、ようやく完成に至りました

自分用の記録をかねて、制作過程をちょこっとご紹介しときますね。



DSCN0163.jpg 

まず、パソコンで打ち出した文字を切り抜いて、板に転写。


DSCN0167.jpg 

下書きの線に沿って、彫刻刀で文字を浮き彫りにしていきます。
彫刻刀は小学生のころに版画で使っていた年代物。
出来上がってから気がついたんですが、
今は電動ルーターという便利なものもあるんですね…。
そんなことに思い寄らなかった私たちは、夜ごと黙々と彫り作業に没頭してました


DSCN0252.jpg

文字の彫りだしが終わったら、サンドペーパーで細かい部分をやすりがけしていきます。
全体の仕上げは大工の叔父にお願いして、サンダーできれいにしてもらいました。
おじさんには何から何まで色々お世話になり、本当に感謝しています。ありがとう


DSCN0483.jpg

いよいよ色塗り。
失敗できないので、緊張の一瞬です。
文字に色を入れる前に、下地に防腐効果のある塗料を3回ほど重ね塗りしてあります。


DSCN0512.jpg

看板のメインとなるいちごにも色を塗って完成


DSCN0754.jpg

看板を支える柱は、昨年亡くなった母方の祖父が山で大事に育てていた桧の丸太。
生前いつもこはる農園のことを気にかけてくれていたおじいちゃんが、
ずっとそばで見守ってくれているような気がしています。


お金を出して看板屋さんに頼めば、もっと立派なものを作ってもらえると思いますが、
多少ブサイクでも自分たちで作ったほうが味があるし、何より愛着がわきます。
『お金で買えない価値がある』
そう、プライスレスなのです
(まぁ貧乏人の言い訳といえば、それまでなんですけどね^^;)

これからはこの看板とともに、皆さまをお出迎えしたいと思います
ご来園の際には、ぜひ見てやってくださいね




◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: つくりました | ジャンル: ブログ
お返しはイチゴで♪ | Home | できてきました

コメント

いい看板できましたね!

2014/03/17 (Mon) 21:29 | 田中久雄 #- | URL | 編集
田中久雄さま

今さらですが、ようやく看板もできて、ちょっと一人前になった気分です。
中身はまだまだ半人前ですが(^^;)

気候も良くなってきたことですし、またお散歩の途中にでも
農園にお立ち寄りくださいね。お待ちしております♪

2014/03/17 (Mon) 23:29 | koharu #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ