こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

いちご酒の仕込み♪

UPし忘れていたいちごネタをご紹介。

シーズン終わりの私のひそかな楽しみ、いちご酒作り。
去年美味しくできたのに味をしめて、今年も作ってみました


使ったのはオール紅ほっぺ。
去年あきひめでやってみたら、実がやわらかくて少し崩れやすかったので、
今年は紅ほっぺのダメいちごをたくさん確保して、全部お酒に加工


今さら作り方をご紹介するのもナンですが、自分の記録用に書いときますね。


DSCN1011.jpg

いちごをヘタを付けたままさっと水で洗って、きれいに水気を拭き取ります。
そのあと、手でヘタをつまむようにして取っていきます。
刃物を使って切り落とすよりも、手でつまみ取るほうがいいみたいです。


DSCN1022.jpg

保存用の瓶にいちごと氷砂糖を入れます。
氷砂糖の量はいちごの量の25%くらいの割合で。
そこにホワイトリカーをたっぷり注入。
これで出来上がり~
2か月くらいしたら、いちごを引き上げていちご酒の完成です。


DSCN1030.jpg


家のありったけの保存瓶を使って、作れるだけ作ってみました


「どんだけ飲むねん!」というツッコミはしないでくださいね^^;
ええ、ワタクシお酒はキライなほうではありませんから。
これでも全然足りないなぁと思ってるくらいで…(笑)

その昔、会社に入ってすぐの新人歓迎会で、調子に乗って飲みすぎて、
その場に同席していた旦那にえらいドン引きされたことがありました。
「とんでもないのが入ってきたな」と思ったとか思わなかったとか。

そんな旦那ときたら、当時はビール一杯で真っ赤になるほどの下戸ぶりで、
酒豪の父を持った反動で「あまりお酒を飲まない人と結婚しよう!」と心に決めていた私は、
「いい人見つけたかも~♪」と思っていたわけなんですが、
結婚して父や親せきの酒豪の皆さまに鍛えていただいた結果、
可愛らしい下戸さんはどこへやら、浴びるほどにまで飲める人に成長。
片や思惑がすっかり外れてしまった私は、若い時の勢いはすっかり影をひそめ、
ワイン2杯も飲んだらフラフラになるほど、しおらしい人になってしまいました


まぁそんなわけで、夫婦そろってお酒の席は大好きですので、
機会があったらぜひぜひ楽しい飲み会にお誘いくださいませ
オフシーズンだし、翌日を気にせずお付き合いさせていただきますよ~





◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪




テーマ: みんなに紹介したいこと | ジャンル: ブログ
親株の定植 | Home | あっけないものです

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ