こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

あと1か月

11月になりました。

街はさっそくハロウィンの飾りつけから一斉に模様替えをし、
クリスマスを迎えるムードにあふれています。
赤や緑のカラフルなデコレーションを見ていると、
楽しげな中にも、何か気ぜわしげな雰囲気を感じてしまいます。
今年もあと残りわずかになってきましたね。

このところ、いちごのお問い合わせをたくさんいただくようになりました。
みなさん口々に「いちごはもう販売されてますか?」とお尋ねになるのですが、
ごらんのとおり、今はまだ花の状態でして…
身がなるのは早くて11月下旬ごろになるかと思います。



まだスーパーなどでもあまり見かけないと思うのですが、
こはる農園ならあるかも!と思ってくださったのかな?
ご期待に添えず申し訳ないのですが、只今一生懸命生長している途中ですので、
気長にお待ちいただけますようお願いいたします


そんなふうに皆さまが楽しみにお待ちくださっているのを肌身で感じながら、
私たちも毎日あくせくお仕事に精を出してます

最近の作業は、もっぱら摘花と脇芽取り。
そう、毎年ぼやいている気がしますが、
あの「やってもやってもエンドレス」な作業です

「摘花」と言っていますが、花が咲く前のつぼみの状態で摘み取ってしまうので、
正しくは「摘雷(てきらい)」と言うべきなのかな。

この作業は、いちごの実がなる数を適正に管理することで、
ひとつひとつの実にしっかり栄養が行くようにして、
株を元気に保つために欠かせない作業なのです。

写真で見てもよくわからないかもしれませんが、
こちらがビフォーアフター。

DSCN4416.jpg
DSCN4418.jpg

どうです?心もちスッキリしたのがわかりますか?

こんなふうに小ちゃいつぼみや横っちょから生えてくる脇芽を
しらみつぶしに一株ずつ取っていってるのです。


この作業ももう4年目となってくると結構慣れたもんでして、
ちょちょいのちょいと、まるで散髪のような感じでやってて、
気分はまるでカリスマ美容師
などと勝手にテンションあげてないとやってられないくらい、
地味&地道な作業なんです

ちなみに、旦那は「外科手術してるみたいや」と言ってました。
こちらは気分は「ブラックジャック」なんでしょう、きっと


近ごろはハウス内で音楽をかけるようになったので、
しんどいお仕事も、だいぶ気がまぎれるようになりました
鼻歌フンフン歌いながら、ノリノリで頑張ります~







◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ
お花畑 | Home | ミツバチ到着!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ