こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

いちごのハウスは今…

こはる農園ブログへようこそ!
本日もご訪問いただきありがとうございます。


いちごのシーズンが終わり、こはる農園もひっそりしています。
それでもたま~に「いちごありますか?」と尋ねてこられるお客さまもちらほら。

せっかく来ていただいたのに申し訳ないのですが、
只今いちごのハウスはこんな状況でして…




はい、まったくいちごの影もかたちもございません
「すみませんが、あと半年お待ちくださいね」とお断りしている次第です。


すでにいちごの株の刈り取りも全部終わり、只今土壌の太陽熱消毒中。
いちごは毎年植え替えますが、土壌は何年も同じものを使い続けます。
当然そのままだと連作障害が危惧されるわけなんですが、
それを防ぐために、ベッド(いちごの植わってる場所)をビニールで被膜して、
ハウスを締め切って気温を上げることで、
土壌の中の病原菌などをやっつけるのです。

土の中の温度が50度くらいになれば、菌は死滅するらしいので、
そのためには、ハウスを超高温に保たないといけません。
今日みたいなお天気の悪い日はダメですが、
お日さまがギラギラ照るような日は、ハウスの中はサウナ状態。
もちろん、人間は入るべからず。
(いや、ダイエットのためには入ってみてもいいかもしれない…)


よく、「夏の間、いちご以外のものを作ったらどう?」と言われるのですが、
こんなふうに熱消毒している間は、作物を植えることはできないんです。
何も植わってないのは確かにもったいないかもしれないけど、
これも来シーズンちゃんと元気にいちごを育てるための大事なプロセス。
こうして一歩ずつ、来シーズンへの準備が進められているのです。





◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ
親株の苗植え終了! | Home | 薪窯キッチン ペロッタさん

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ