こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

続・滋賀の魅力を再発見・比叡山編

比叡山横断ツアーの続きをお送りします。




ようやくやってきました、比叡山延暦寺。

今回初めて知ったのですが、比叡山延暦寺というのは、
比叡山中にある150ものお堂や塔の総称で、
延暦寺というひとつの建造物を指すわけではないんですね。
(滋賀県民なのに、不勉強で恥ずかし~~~)

その広大な境内は「東塔」「西塔」「横川」という3つのエリアに分かれていて、
一般的に比叡山延暦寺といってまず思い浮かべる「根本中堂」など、
観光するとしたら、「東塔」エリアが中心になります。

DSC_8470.jpg

延暦寺の中は撮影禁止のところが多くて、
外側からだけですが、これが根本中堂。
お堂の中央には、1200年もの間消えたことがないという「不滅の法灯」が
この日も煌々と灯り続けていました。

来年から10年かけて大改修が行われるそうで、
すでに事前調査のために足場が組まれており、
厳かな雰囲気が少しトーンダウンした感じもありましたが、
それでも歴史を感じるには十分な、凛とした空間でした。


根本中堂の他にも、東塔エリアだけでもまだまだたくさんの堂塔があります。

文殊楼
P_20150724_135415.jpg

大講堂
DSC_8474.jpg

戒壇院
DSC_8478.jpg

阿弥陀堂と東塔
DSC_8487.jpg

ひとつひとつ時間をかけて参拝していたら、けっこうな時間がかかり、
他のエリアまで見て回る余裕はまったくありませんでした
西塔や横川エリアは次回のお楽しみにとっておくとしましょう。


さて延暦寺を後にして、ここからは下山ルート。
電車で来た場合、延暦寺内の移動にはシャトルバスが便利です。
シャトルバスで山頂バス停まで行き、
叡山ロープウェーのりばへと向かいます。

坂本からはケーブルカー1本で来れましたが、
八瀬ルートはロープウェーとケーブルカーを乗り継がなければいけません。

で、ロープウェーのりばへ着いたのですが…
これがなかなかの老朽化ぶりが激しい建物で
ワイヤー1本に身を預けるというのに大丈夫か…と
一抹の不安がよぎりましたが、乗り物自体はわりと新しくて一安心。
眼下に京都市内の街並みを眺めながら、しばしの空中散歩です。

DSC_8495.jpg

次は叡山ケーブル。

DSC_8498.jpg

ガタンゴトン、ゆっくりゆっくり進んでいきます。
途中、車窓のすぐ脇に鹿がいたり、滝の音が聞こえてきたり、
何よりも窓から吹いてくる風がとても気持ちいい~
車の旅は便利ですが、電車でなければこういった風情は味わえません。
たまにはこんなのんびりした時間の過ごし方もいいものです。

そして、ケーブル八瀬駅から叡山電鉄に乗り換え、出町柳駅へ。
そこから三条まで行き、浜大津へと帰還…
となる予定だったのですが、時間はまだ夕方の4時。
素直に帰宅するような私たちではありません

旅のおまけ編へと続きます。









◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 滋賀県情報 | ジャンル: 地域情報
おまけの多い旅 | Home | 滋賀の魅力を再発見・比叡山編

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ