こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

滋賀の魅力を再発見・五個荘編

ようこそ、こはる農園ブログへ!
本日もご訪問いただきありがとうございます。


9月になりました。
新学期も始まり、やっと通常モードに戻って、
ほっとされている方も多いことでしょう。
みなさん、楽しい夏休みを過ごされましたか?

私たち夫婦はこの夏、「滋賀の魅力を再発見」と題して、
知ってるようで知らない地元滋賀のあちこちを探索してきました。
以前ブログで紹介した比叡山、多賀大社、信楽などのほかに、
まだアップしてなかった2件をご紹介したいと思います。


まず今回は五個荘町の商人屋敷めぐり編。

P_20150821_121456.jpg

P_20150821_125747.jpg


滋賀といえば近江商人。
曲がりなにりもお商売をさせてもらっている者として、
一度は行ってみなくちゃねということで訪ねてみた、
近江商人のふるさと、五個荘町。
「商人屋敷」と呼ばれる古い邸宅数軒が一般公開されていて、
昔の人の生活を体感することができます。


P_20150821_120037.jpg

P_20150821_120254_HDR.jpg

普通なら、おおおーすごい!と感動するとこなんでしょうけど、
田舎の古いおうちに生まれた私にとっては、そんなに珍しい光景でもなく…
むしろ、「うわぁ!こんなのうちにもあったよー」なんて言いつつ、
古き良き時代を懐かしむといった感じでした。


P_20150821_121135.jpg

6歳のころまで、我が家にもこんな「おくどさん」ありましたからね。
(お風呂も五右衛門風呂みたいのだったんですよ!)

P_20150821_120857.jpg

「外村宇兵衛邸」ではこんな体験もさせてもらいました。
なんか、似合ってるし(笑)

P_20150821_114734.jpg


いろいろなお屋敷を見せていただいて思ったのは、
どのお屋敷も「絢爛豪華」という感じは一切なく、
とにかく「質素倹約」という言葉がぴったりな印象。
見た目はいたってシンプルで、華やかさはないんだけど、
でも使っている木材とか家具はいいものなんだろうなぁと素人目にもわかって、
こういうところが近江商人らしいなと思いました。
普段はせっせと「始末」して、ここぞという時にはどーんと使う。
そうやって財を成してきたのだなと思うと、
あらためて近江商人のすごさを思い知らされます。
近江商人の理念や生活を身近に感じて、
いろいろ考えさせられるいい機会になりました。


今回訪れた商人屋敷では、毎年ひな祭りの時期に
商家に伝わるお雛さまを一斉に展示する催しがあるそうです。
観光としては、その時期がいちばん賑わうようで、
私たちが行ったときはずいぶんひっそりとしてましたが、
美しい白壁が続く街並みや、清らかな水が流れるお堀など
のんびり散策するにはぴったりのところです。
機会があれば、ぜひ行ってみてくださいね!






◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 滋賀県情報 | ジャンル: 地域情報
滋賀の魅力を再発見・竹生島編 | Home | とりあえず元気です

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ