こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

同時進行

ようこそ、こはる農園ブログへ!
本日もご訪問いただきありがとうございます。





またこの時期がやってきました。
来シーズンのための、最初の苗植えです

いちごの栽培スケジュールというのは、
3月にまず最初の苗を植えて、
そこからどんどん苗を増やし、6月に定植し直して、
夏の間にまたひたすら苗を増やし、9月に本圃に定植。
いちごの収穫ができるのが12月から翌5月ごろまでで、
6月に株を刈り取って終了。
これがいちごの一作となります。
3月に始まり、翌年の6月に終わる。
一作が一年以上にわたって続くのです。

つまり、一年のうちでいちごを育てていない期間は全くなくて、
3月から6月の3か月は、今作と次作がダブっているので、
あっちもこっちもお世話しないといけなくて大変なんですよ

とはいえ、最初の苗は数もそんなに多くないので、
先日旦那がひとりでせっせと定植作業をしてくれました。
これからシーズンが終わるまでの間は、旦那が苗のお世話担当。
私は苗のほうには、ほぼノータッチ。
収穫や管理作業で本圃ハウスに入ったあとで、
育苗ハウスに菌などを持ち込んだら大変!
旦那は服をすべて着替えて、細心の注意をはらって作業します。
何てったって、大事な大事な苗ですからね。

冒頭の写真も、ブログ用に撮ろうとして、
ちょっと苗に近づいたら、「こらー!離れろーーー」と
怒られてしまいました…
旦那にとっては確実に、私<苗 なのです。

ということで、私は自分のお仕事をまっとうしながら、
遠くからそっと育つ様子を見守っていこうと思います。





◆ブログランキングに参加しています。下のいちごの画像をクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

ついでに「拍手ボタン」もポチっとよろしくお願いいたします♪
テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ
祝・93歳! | Home | 独り立ち?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ