こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

怒涛の週末

この週末、昨日も今日も凍えそうなほど寒い朝でしたね。
土日はいつもより早い時間から収穫して、その後パック詰め作業をするのですが、
作業をしているプレハブ小屋の室温は、朝来てみたら0℃!!

小屋の室温


もうちょっとで冷凍になるところですよ
でも室内にいちごを置いていることもあって、どんどん暖房するわけにもいかず、
電気ストーブのわずかな熱を頼りに、寒さに震えながらのパック詰めを頑張りました。

とくにこの週末は、朝の早い時間帯にお引き取り希望のご予約が多くて、
スタッフ一同てんやわんや!!
注:ここでいうスタッフとは、いつも働いている旦那・私・私の母に加えて、
手が足りない時の救世主・90歳のおばあちゃんまで登場です!

おばあちゃん 

そうしてみんなで頑張って用意したいちごたちも、
たくさんの皆さまにご来園いただいたことで午前中にはほぼ完売。
お昼以降に来ていただいた方々には、十分ないちごをご提供することができず、
本当に申し訳ありませんでした。
とくにこの土日はご予約をたくさんいただいていたために、
一般に販売できる数がすごく少なくて…。

その要因のひとつに、法事でのお供え物としてのご用命が挙げられます。
わたしたちの地方では「年忌さん」という呼び方をしますが、
いわゆる一周忌とか三回忌とか言われる法事が、この時期はとくに多くて、
毎週末ごとに熨斗付きの箱がいくつも旅立っていきます。
そういったあらたまったお遣い物にこはる農園のいちごをご用命いただけるのは、
本当にありがたいことです。心から感謝しております。

で、熨斗書きを担当しているのは私なんですが、
これがなかなか責任重大。
自分がお客さまの立場に立った場合、下手な字で書かれるとすごく嫌な気分になるので、
いざ自分が熨斗書きをすることになって、相当なプレッシャーを感じているのです。
プリンタで印字できれば苦労はないのですが、
農園の販売所ではそういったこともできないので、
筆ペンだけは上等のを買って、手書きで一生懸命対応させていただいてますが、
この時ばかりは、もっと字がうまく書けたらなぁ・・・と切に思います。

その昔、OLをしていたころに「賞状書士」という資格をとろうと思い立ち、
通信講座の受講契約をしたものの、結局ほとんど手をつけずに放置状態になってしまい、
なんであの時ちゃんと最後までやらなかったのかと、今さら後悔・・・
まぁ後悔先に立たず・・・ですので、実地での特訓あるのみ!
おかげさまで、「御供」という字は数を重ねたこともあり、だいぶ上手になりました^^
拙いながらも心を込めて書かせていただいておりますので、
熨斗がけのご希望などがございましたら、気軽にお声掛けくださいませ。



◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ
心強い味方 | Home | 無添加いちごジャム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ