こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

春らんまん




ぽかぽかととても暖かい日が続いて、春らしい季節になってきましたね
こんなお天気のいい日には、どこかへおでかけしたくなるもの。
こはる農園にも、家族連れの方がおでかけついでにたくさんお見えいただき、
週末となる昨日今日は大賑わいの一日でした。

来てくださるお客さまとお話させていただいていると、
いちごのシーズンは春だと思われている方がとても多いことに気づかされます。
確かにこの時期あちこちでいちごフェアなんかが開催されてますし、
お菓子屋さんやレストラン、そこかしこでいちごがフューチャーされてますもんね。
今がまさに旬!と思われている方が多いのも頷けます。
私自身もいちご農家になる前までは、いちごの旬なんかには疎かったですし。

でもでも、ハウス栽培のいちごが一番おいしいのは、実は真冬なんですよ。
気温の低い時期は、いちごの成長スピードが遅いため、
ゆっくりじわじわと糖度が増していくので、とても大きくて甘いいちごになるんです。
それが暖かい季節になってくると、成長スピードが早く、収穫量は多くなってきますが、
完熟になるまでの期間が短いため、真冬のいちごほどの糖度は期待できないのです。

今さらそんなこと言っても、そういう超甘いいちごを召し上がっていただこうと思うと、
次のシーズンまで待ってもらわないといけないんですよね…
それをお客さまにお伝えすると、「じゃあ来年の予約をしとくわ」なんてお客さまも(笑)
さすがにそれでは鬼に笑われてしまいますが…
今シーズン、一番糖度が高い時期のいちごを食べそびれてしまった方は、
記憶の片隅にでもとどめておいていただいて、ぜひ来シーズンを楽しみにお待ちくださいね。

でも、お客さまの中には「真冬が一番おいしいってわかってても、食べたくなるのは春なのよね」と
おっしゃる方もお見えになって、なるほどそれも一理ありなのかなと思ったりもします。
「いちごが食べたい」って思った時期がその方にとっての旬。
いろんな楽しみ方があって当然です

今の時期のいちごも、まだまだ糖度は13度前後を保っており、
とてもおいしく召し上がっていただけると思います。
試食もご用意しておりますので、お気軽に足をお運びくださいね。
皆さまのご来園を心よりお待ち申し上げております




◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 



テーマ: 日々の出来事 | ジャンル: ブログ
来シーズンがスタートしました! | Home | いちごのギフト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ