こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

憧れの職業!?

この週末、全国各地で大荒れのお天気となりましたね。
ニュースで「爆弾低気圧」という言葉が連呼されるたび、
昨年のこの時期にものすごい「ひょう」が降って、
ハウスに無数の穴が開いたのを思い出して、気が気でなかったのですが、
幸いにも今回はたいしたことはなく、ほっと胸をなでおろしている私たちです。
大きな被害を受けられた地域の皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

それにしてもこんな荒れ模様のお天気の中、いくら週末とはいえ、
お客さまの出足は鈍いだろうなと予想していたのですが、
そんな私たちの読みは見事に外れ、雨風が吹きつける中でも、
たくさんのお客さまが農園に足を運んでくださり、完売御礼
本当にありがたいことだと、感謝しきりです。


さて、話は変わりまして。
先日農園に来てくれた小学生の女の子とお話をしていたときのこと。
とても明るく元気で、気軽にお話してくれるお嬢さんだったんですが、
とにかくいちごが大好きだそうで、ハウスにいちごがたくさん生っているのを見て、
「うわぁ~~~、すご~い夢みた~い
「こんなところでお仕事できるなんていいなぁ
そんなことを言いながら、私に憧れのまなざしを向けてくれるんですよ。

「いやいや、そんないいことばかりじゃないよ。苦労の連続なんだから…」
と思わず口をついて出そうになりましたが、子どもの夢を壊してはいけませんからね、
大人の私はぐっとこらえて「いちご屋さん、楽しいよ」と笑顔で答えましたとも(笑)

そんな私に、その子がひとつの質問をしてくれました。
「いちご屋さんしてて、いちばんうれしかったことは何ですか?」

社会見学とかでいつも質問してるのかもしれませんが、
お子さんならではの、なんと単刀直入な質問!
突然言われて、正直ちょっと焦った自分がいました^^;
「うれしいことって何やろう?」
一瞬のうちに、頭の中をいろんなことがぐるぐる回って、出てきた答えが、
「みんながこはる農園のいちごを『おいしい』って言って食べてくれることかな」

いちご農家になってから、うれしい瞬間は数えきれないくらいたくさんありましたが、
やっぱり一番うれしいことといったら、そういうシンプルな答えになるのかと。

おいしいものを食べると、みんな自然と笑顔になりますよね
試食をしていただいてても、お子さんとかの満面の笑顔をみると、
本当に心の底からうれしい気持ちになります。

一度食べておいしかったからと言って、また農園に買いにきてくださる…
そのことが、いちご農家をしていて何よりも幸せなこと。
しんどいことがどれほどあっても、それを上回る喜びがあるから、
くじけずにやっていけてるのだと思います。


今日もたくさんの方が買いにきてくださったことで、
一日の疲れも心地良いものとなって沁みわたっていきました。
明日もがんばれる活力をいただいて、本当にありがとうございます








◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 今日のつぶやき | ジャンル: ブログ
いちご狩りはじめました | Home | いちごの食べ方

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ