こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

あと1か月!

風薫る5月になりました
昨年12月から始まったいちごのシーズンも、いよいよあと1か月を残すのみ。
今月末をめどに、いちごの販売を終了させていただく予定です。

今月末といっても、5月31日って決まってるわけではありません。
最後の果房に生っているいちごを収穫しきったところで終~了~となり、
それがいつになるのか、私たちにもまだはっきりわかりませんので
また状況はこちらでも追々お知らせしていきますね。


ところで、最近よく聞かれるんですよ。
「6月からは何するの?」って。
いちごのお休みの間、何を作るの
他の作物は作らないの

中には、「こんなの作ってよ」って色々リクエストくださる方も(笑)
この前なんかは、よく来てくださる常連のお客さまが、
いつもお取り寄せをしているというミニトマトをくださって、
「このトマトめちゃくちゃおいしいんだけど、こはるさんとこで作れない?」と
熱望して帰っていかれました

みなさんがこはる農園のことを親身になって考えてくださるのはとても有り難いのですが…
いちごのシーズンが終わると、今度は大事なお仕事に精を出さねばならないのです。
それが苗づくり(=育苗)。

すでに3月から育苗が始まっているというのは、以前にお伝えしましたが、
(参照記事 来シーズンがスタートしました!
いちごの収穫を終えた6月からは、育苗にかかりきりになります。
9月に苗を定植するために、夏の間に1万本の苗を作るんですよ

育苗は敷地内の別棟のハウスでしているのですが、3月に植えた親苗たちは、
その後順調に育ち、ずいぶん大きくなりました。

植えたときはこんなひょろっとした苗だったのが、 
DSC_7277.jpg 

1か月ちょっとでこんなになりました。
DSC_7309.jpg 

左側に見えてるのは、次々に生まれつつある子株たちです。
今はこの「苗受け」の作業も 、大事なお仕事のひとつ。
苗受けについては、また後日詳しくUPしますね

あと1か月間、育苗と収穫・販売を並行してやっていくのは大変ではありますが、
みなさんとお目にかかれるのも、あと少しの間
最後の最後までおいしいいちごをお届けできるよう、力を振り絞ってがんばります



◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ
あとのまつり | Home | 黄金週間

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ