こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

刈り取り中

こんにちは。
本日もこはる日和♪どころか、すでに猛暑と闘っているこはる農園です
今日も暑かったですね~。


よくお客さまから「いちごの株はずっと植えっぱなしなの?」と訊かれますが、
いいえ、そんなことはなくて、1年ごとに植え替えとなります。
収穫が終わったら全部刈り取って、夏の間にハウスの温度を上げて土を熱消毒し、
9月にまた新しい苗の植え付けをするのです。
そんなわけで、オフシーズンになって真っ先に取りかかる作業が株の刈り取り。






つい先日までいちごがぷらぷらとなっていた株も、お役目が済んだらとっとと撤去。
なんとも非情なもんですが、放っておいても害虫や病気が蔓延するだけだし、
暑くてハウスに入れない本格的な夏がやってくる前に刈り取りたいので、
毎日せっせと作業に励んでいます。



IMG_2226.jpg

クラウンと呼ばれるいちごの株の根元部分からは、びっしり根っこが生えていて、
簡単には引っこ抜くことができないので、はさみで切り離していきます。


IMG_2228.jpg

立派なわさびみたいに見える、がっしりしたクラウン。
根っこの密度がすごいので、切り離しも一苦労です


最初はチョッキンチョッキンチョッキンナーって感じで、調子良くて楽しいんですが、
なんせ数がすごいたくさんなので、すぐに手は腱鞘炎みたいになるし、腕はパンパン
見た目以上に過酷な労働なのです


この仕事、去年もやったはずなんだけど、こんなにしんどかったっけ?と思ったら、
去年は今年ほど株の元気がなくて、株の大きさも根張りの具合も全然違ったんですよ。
ひょろひょろっとしてた去年の株の刈り取り作業は、結構やりやすかったんですが、
今年は株の勢いも旺盛で、根もがっしり張ってるので、手こずるのなんのって。

でも株が元気だからこそ、最後までおいしいいちごをたくさん穫ることができたんだから、
恨みごとなんて言ってたら罰あたります。
「いっぱいいちご生らせてくれてありがとう。ご苦労さまでした」
感謝の気持ちをもって刈り取りしないとね。
いや、そうは言ってもやっぱりしんどい~~~



IMG_2235.jpg

すっかりハウスも寂しい光景になりました。
これでやっと4分の1終わったところ。
あと6000本…
腕にサ〇ンパス張って、明日もがんばりますっ



◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ



テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ
いちご染め | Home | フィニッシュ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ