こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

いちご染め

前回お伝えしたように、只今こはる農園ではいちごの株の刈り取り中。
ハウスを見渡しても、いちごの姿はもう見当たりません

先日、最後に残っていたいちごを収穫したのですが、
ミツバチさんがいなくなったせいで受粉し損ねたちんちくりんのいちごや、
高温続きで熟れすぎて傷んでしまったいちごも多くて、
食べられそうなものもいくらかはあったものの、
どうにもならないダメいちご多数…

本来ならそれは捨てられてしまう運命なのですが、
せっかく大事に育てたいちごをむやみに捨ててしまうのは忍びなくて、
なにか役に立たないかなぁと考えた挙句、
「いちごで染め物ってできないのかな」と思いつき、ネットで調べてみることに。


おおぅ、あるじゃ~ん『いちご染め』
いろいろなサイトに載っているのを参考にしながら、
自分流に(早く言えば「適当に」)アレンジして、いちご染めに初挑戦




こんなふうにいちごをビニール袋の中でもみもみ。
液状になったら、そこに媒染(色を定着させるためのもの)としてお酢を入れて、
布地を入れてさらにもみもみ。

ある程度馴染んだら取り出して、水で洗って、
また入れて揉んで。
これを何度か繰り返したら、いちご色の染め物ができあがり~
ちなみに、いちごは中まで真っ赤な紅ほっぺを多めに使いました。
(あきひめだと、どうしても色合いが薄くなってしまうんですよね。)


DSC_7428.jpg

右から、染める前の生成りの生地、一回だけ染色液に浸したもの、3回浸したもの。

適当にやったにしては、自分的には大成功
もっと薄い色になるかと予想してたんですが、思ったよりきれいなピンク色になりました
何とも優しくて可愛らしい色合い~
このとっておきの生地で何を作ろうか、わくわくしてしまいます


それから、こんなものも染めてみました。
服屋さんでもらったノベルティのトートバッグ。

before(染める前)
DSC_7419.jpg

after(染めた後)
DSC_7422.jpg

画像では色の違いがわかりにくいかもしれませんが、
こちらもなかなかいい具合に、やわらかなピンク色に染まりました。
おまけにほんのりいちごの香りつき


こんなことして遊べるのも、いちご屋さんの特権です
以上、「こはるラボ」より実験のご報告でした




◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ



テーマ: みんなに紹介したいこと | ジャンル: ブログ
ようやく終了~ | Home | 刈り取り中

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ