こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

最近のお仕事

ようこそ!こはる農園ブログへ
シーズンオフのこの時期に、ブログをご訪問いただきありがとうございます


いちごの刈り取りが終わった本圃のビニールハウス、
9月にまたいちごの株を植えるまでお役御免となるわけなんですが、
それまでにやっておかないといけないのが「熱消毒」。

いちごが植わっていたベッド(培地)にたっぷりの水をかけて、ビニールのシートで被覆します。
こういう状態にしておいて、夏の暑い日に室温50度以上を数時間保つことで、
土の中の病原菌や虫などを死滅させるのです。


IMG_2295.jpg

IMG_2296.jpg


真夏のハウスを高温にするなんて、至って簡単なこと。
普段でも平気で40度以上になったりしますが、炎天下に締め切ってたら、
60度とかもっと高温になるんじゃないでしょうか

ただしあまりに高温になってしまうと、資材や機械類がことごとく傷んでしまうので要注意。
持ち出せるものや取り外しができるものなどは、ハウスの外に運び出したり、
もしくはカバーをしたりと、そういった準備もしなくてはなりません。
昨年はイマイチ加減がわからず、高温にしすぎてダメになった資材がいくつか…
しっかり菌をやっつけたいからといって、やりすぎるのは危険。
今年は温度管理に気をつけながらやらないと



熱消毒の準備が終わったら、ついでにこんなことも。

IMG_2300.jpg

当園はハウス内は土足厳禁、"清潔第一"がモットーでして、
床もシーズン中に何度か一斉清掃をするのですが、
シーズン終盤はあまりにドタバタしていて、ちょっと疎かになっていたものですから、
今頃ようやく、数カ月分のたまった汚れを一気に掃き掃除。

奥行85mもあるハウスですから、床全面をほうきで掃くのは一苦労
そういえば農園始めた頃、「ル〇バにやらせようか?」なんて旦那と言ってたんですが、
広すぎなのと、床がきっちり平らでないことなどから、当然NG…
ひたすら人力でがんばるしかないのです。

二人とも手にほうきのマメ作りながら頑張った甲斐あって、
寝っ転がれるくらいピカピカな床になりました~

IMG_2303.jpg


これで当分本圃ハウスのほうは放置でOK。
夏の間は、育苗ハウスで暑さと闘いながらのお仕事の日々となります。

IMG_2298.jpg





◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ



テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ
珍客? | Home | 骨休め その2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ