こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

魔法のポッター

ほんとにほんとに暑い毎日が続きますね

連日「熱中症で病院に搬送」なんてニュースを耳にするたび、
明日は我が身か…なんて思いながらお仕事をしているわけなんですが、
もう、こう暑いとハウスに行くこと自体ためらってしまうような状態で


で、今年から自宅のガレージに作業スペースを作り、できる作業はこっちですることに。
昨日からは、子苗を受けるためのポリポットの土詰め作業をしています。

先月植えた親株から、ぼちぼちランナーがたくさん出てきて、
それを挿すためのポットを用意しないといけないのです。

↓こんなやつ。
13426.jpg


初めてのシーズンは、旦那とふたりで地道に1個ずつ土を詰めていってたのですが、
大量に作らないといけないもんで、やたらと時間がかかり辟易してました。

そこで、昨シーズンからは秘密兵器を導入

それがこちらの「スピードポッター」




先日ご同業の方から使い勝手についてお尋ねがあったので、
ちょっと詳細なご説明をしてみたいと思います。


DSC_7480.jpg

まず、格子状の枠に一個ずつポリポットをセットしていきます。
うちが使っている7.5センチ用の枠の場合、一度に198個セットできます。
(ポットの大きさによりセット数が異なります。)


DSC_7482.jpg

ポットを並べられたら、その上にポットの大きさに合わせた穴があいた板をセットします。


DSC_7487.jpg

そこにどさっと土を投入します。


DSC_7489.jpg

下までしっかり土が詰まるよう、手で土を押し込んでいきます。


DSC_7490.jpg

余分な土を右端の切れ目からかき出して、表面をならします。


DSC_7491.jpg

上に乗せていた板と外枠を外すと…


DSC_7492.jpg

こんな感じで、198個いっぺんに土が詰められました


なんと便利
これのおかげで、たいぶ時間短縮できるようになりました。


でもこの苗受け用のポット、夏の間に1万個くらい作らないといけないんですよね。
まだまだ道のりは遠いです…

魔法のポッターも心強い味方ですが、呪文ひとつであっという間に
1万個できちゃったりしたらいいのになぁ




◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: 農業 | ジャンル: ブログ
夏祭り | Home | 蔵出しいちご酒

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ