こはる農園・嫁ブログ 「本日もこはる日和。」

滋賀県草津市でいちごの生産・販売をしている「こはる農園」のブログです。 脱サラして農家に転身したいちご屋さんの日々のつれづれを嫁目線で綴ります

ご対面

過日のブログで、アライグマの足跡らしきものが…というお話をしました。
(記事はこちら 2013年7月3日「珍客?」 )

その後も足跡が頻繁に見られるようになり、
そして先日、育苗をしているハウスの中に何者かが侵入して、
プランターの土を掘り返したり、苗のポットがひっくり返されているのを発見。

たいした被害ではありませんが、今後さらにエスカレートして、
被害が大きくなったらたまったもんじゃないということで、
市のほうに相談して、捕獲器を設置することになりました。

IMG_2363.jpg

ちなみに、ばらまいてあるエサは、なんとキャラメルコーン!
甘くて油っこいものが大好きなアライグマ捕獲には、これがテキメンなんだとか。


そして捕獲器を設置すること2日。
私が朝一人で先に農園に行って目にしたものは…

1307282.jpg


こんなにあっけなく捕まるとは思ってなかったので、超びっくり!
しかも2匹も!!
急いで旦那に連絡して、二人でてんやわんやの大騒ぎ。

アライグマは凶暴と聞いていたので、かなり身構えていたのですが、
意外にも目の前にいる2匹はおとなしくて、よくみると何ともかわいい。
まぁでも、オリの下にひいてあったビニール袋をビリビリに破って、
中まで引きずり込んでいる様子を見れば、夜の間に相当暴れてたみたいで、
すっかり疲れ果てていたのかもしれません。

DSC_7643.jpg


どうも2匹は親子のようで、
私たちが近づくと、母アライグマが自分の陰に子どもを隠すようにして、
けなげに守っているのが切なくて…
もう捕まっちゃったんだから、守るも何もしょうがないのに

こんなふうに眺めていると、どんどん情が移ってきそうで、
その後はなるべく目を合わさないように、見ないふりをして過ごしました。
彼らのこの後の運命を思うと、害獣とはいえ、かわいそうな気がして…。


昨今あちこちで問題視されているアライグマは、
もともとペットとして飼われていたものが、
人間の身勝手で捨てられて野生化したものとされています。
ラスカルのアニメにつられて興味半分で飼ったはいいけど、
手に負えなくて野に放ってしまう、そんな人間のせいで悪者にされて、
アライグマだって、ある意味で被害者なんじゃないでしょうか。

そんなアライグマたちに同情したい気持ちはやまやまなれど、
私たちもプロの農家として、ここはひとつ心を鬼にして、
人間との共存のルールを示さなければなりません。
同業の方の中には、いちごを食い荒らされる被害に遭った方もおられるとか。
そうなってからアライグマを憎むなんてことは、何としても避けたいですからね。

ただ、アライグマ騒動はどうもこれで終わりではないようです。
捕獲器のおいてあった周りには、今までにないほどの無数の足跡が。

1307281.jpg

アライグマは普通3~6匹の子どもがいるとされています。
もしかして、お母さんが捕まって取り乱した子どもたちの足跡なんでしょうか。
もしくは他の仲間たちが助けにきたとか?
(野生動物にそれはないと思いますが。)
いずれにせよ、まだまだたくさんのアライグマがいそうだということは、
想像に難くありません。

これからも続くであろうアライグマとの闘いを考えると、
どんよりした気持ちになってしまうこはる農園なのでした。




◆ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してくださいね
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ 


テーマ: こんなことがありました | ジャンル: ブログ
涼をもとめて | Home | 早起きは三文の得

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ